これまでの説教

日本基督教団幕張教会 早乙女哲自牧師

2018年5月13日「良いことをしてくれた」(マルコによる福音書14章1~9節)

Download 

 今日の箇所から、受難物語です。まずマルコ福音書記者は、主イエス殺害の計略から描きます。そして次回(再来週)の最初の箇所で、ユダの裏切りの企てがあります。マルコがよく用いるサンドイッチ構造です。ユダヤの宗教権力者たちと主イエスの弟子の一人が共に人間的な「死の企み」を練る中で、たった一人の女性の行為が描かれます。最後、9節。主イエスが仰ったように、二千年の間、この人のしたことは記念として語り伝えられてきました。今日の礼拝もまた、その一つでしょう。ここ、幕張教会では何よりも大切なこととして福音が宣べ伝えられています。だからここでも、この女のしたことは語り伝えられます。
 まず出来事は3節に描かれています。3節。他の福音書と異なり、マルコはこの女が誰であるのか、どんな素性の女であるのか、一切描きません。またなぜこの女がこんなことをしたのか、女の動機も書きません。ただ、事実を淡々と書きます。恐らく男たちだけの食事の席(女性は給仕するのみ)に急に女が入ってきて何かをするだけでも、当時としてかなり変わった目立つ行為です。しかもとても高価なナルドの香油を惜しげもなく主イエスの頭に注ぎかける。周りの人々(福音書によっては、弟子あるいは、イスカリオテのユダ)は憤慨し厳しくとがめます。4・5節。当時の日雇い労働者の一年分の給与に当たる額です。そこからこの女は、身分の高いお金持ちの女性なのだとか、売春婦をしていてお金があったのだなどという推測もありますが、分かりません。
 これに対して主イエスは仰います。6~9節。主イエスは、「良いことをしてくれた」と評価します。これは「美しいこと」という言葉です。この女も含めて(主イエス以外は)誰もまだ、これから起こる十字架の死を知らない中で、埋葬の準備がなされた。私達は、「そこにいた人の何人か」になってしまいがちなのではないでしょうか。そうではなくて、この女のように、「今自分が主イエスのためにできることは何か」を思い行う信仰でありたいものです。