これまでの説教

日本基督教団幕張教会 早乙女哲自牧師

2018年3月4日「神のものは神に」(マルコによる福音書12章13~17節)

Download

 今日の聖書箇所では、主イエスを陥れようとする人々がやってきます。13節。人々とは、前回、前々回に出てきた祭司長、律法学者、長老たちです。彼らが派遣した二つの党派の人々は、普段は全く相容れない人々でした。なぜならファリサイ派の人々は厳格に神の掟、律法を守ろうとする人々であり、ヘロデ派の人々はローマ帝国、またヘロデと結びついて、現世の利得を大切にする人々です。彼らは主イエスにまずおべっかを言います。ただし単なるおべっかではなくて、主イエスが答えざるを得ないように追い込むのが目的でしょう。14節前半。下手な言い逃れができないように先に手を打ちました。そして、14節後半。これが罠であることは明白です。どちらに答えても窮地に立ちます。主イエスは答えます、15節。デナリオン銀貨は当時、イスラエルも含めてローマ世界で広く使われていました。ですからすぐに持って来ることができます。16節。最後の主イエスの答えと彼らの反応は、17節。実に見事な答えです。もしも皇帝の肖像と銘のゆえに皇帝のものだと思うならば、皇帝へ返す(税金を納める)べきだし、それでもなお皇帝のものではないと考えるならば納める必要はありません。
 ここで主イエスは何を教えておられるのでしょうか。長くこの主イエスの言葉は、二王国説的な誤解をされてきました。しかし最近の学者でそのように誤解して解説する方は少ないようです。もしもデナリオン銀貨に皇帝の肖像と銘が彫られているとしたら、そしてそれゆえ「皇帝のもの」なのだとしたら、「神のもの」であるのは何であり、どこに神の肖像と銘が彫られているのでしょう。私達人間は、神の像に形作られました(家庭集会)。すなわち私達自身こそが、「神のもの」です。実は、(前回のぶどう園の例えでもみましたように)全ては神のもの、ことに私達神から世界を統治すべく委ねられている私達は、神のものです。神のものは神に返しましょう。

2018年2月25日「ぶどう園は誰のもの」(マルコによる福音書12章1~12節)

Download

 今日の聖書箇所は主イエスがお語りになった例え話です。1節前半。彼らとは、「権威」について主イエスに対して問いただした神殿の人々でしょう。この例え自体は分かりやすいもので、「彼ら」でさえ、その意味を理解しました。12節。主人は神様、農夫たちは神殿で権力のある方たち(つまりこの話を語られている人々)、ぶどう園はイスラエルの神殿や人々です。更に、主人(神)が送られた僕たちは預言者たちであり、愛する息子は主イエスです。主人は自分の当然の権利として、1節後半2節。そもそも私有財産制が正しいのかという問題はあります(東欧の壮大な実験や最近の経済学の話題など)。しかしながら、主人は最初の資本投下をしているのだから、(割合が主人と農夫たちとでどのようであるべきかは別として)収穫を受けとる権利があります。しかし農夫たちは、僕に暴力を振るったり、殺したりしてしまいます。この主人は忍耐強いのでしょう、最後には、愛する息子を送ります。6節。これで農夫たちが、主人の名代である息子を尊重すれば問題はないのですが、7・8節。さて農夫たちの愚かさは明白です。9節。この世界の常識に従えば、それはそうだという話です。しかしこの最後の所が、この例えと神・主イエスのなさり方では、決定的に違います。主イエスは、最後に詩編118編の22.23節を引用なさいます。もしも9節で語られた通りになさるのであれば、この引用は意味不明です。主イエスは確かにこの例えの息子のように殺されました(福音書の物語ではこれからですが)。これはまさに、家を建てる者たち(宗教権力者たち)の捨てた(殺した)ものを神が隅の親石(日本でいうと大黒柱でしょうか)としてお用いになりました、私達人間にはできない復活という奇跡によって。さあ、私達はこれらの宗教権力者たちの仕方をただ愚かであると嘲るのではなくて、私達もまたそうであることを認めましょう。そして、それにも関わらず救おうとなさる神の意志を大切にしましょう。

2018年2月18日「権威を問う」(マルコによる福音書11章27~33節)

Download

 エルサレム入城以降の出来事のなかには幾つもの論争物語がありますが、今日の聖書箇所はその最初のものです。まず、祭司長、律法学者、長老たち(一つ目の受難予告に出てきた人たち、当時の権力者たち)が問います。27・28節。「このようなこと」は、前日の宮清めの出来事をまず指すかと思いますが、それと同時に主イエスがガリラヤ地方でしてきた宣教活動の全体も含むでしょう。また神殿の境内で様々に語られたことも含まれるかもしれません。自分たちこそが、この神殿で権威ある者たちなのだと考えている彼らは、自分たちの権威のゆえに、主イエスの、このようなことをする権威を問います。主イエスは、まっすぐに神の・また神の子である自分の権威を答えてもよいです。しかし主イエスは分かっています。自分の神の子としての権威を認めない人々にそれを語っても受け入れられない。また認める人々は、主イエスが宣言なさらなくても、主イエスがお語りになる言葉そのものによって、権威が分かる。
 だから、答えます、29・30節。彼らには答えることのできない問いです。もしも彼らが、「天から」と答えれば、「私もだ」と答えることができます。また「人から」だと答えれば、主イエスは、「ヨハネのことを理解できないあなたがたは、私のことも理解できない」と仰ることでしょう。しかし彼らは、31~33節前半。彼らの意見は明白です。「人から」です。しかし彼らは、「群衆が怖かった」ので、「分からない」と答えます。彼らには、真実の意味での神への畏れがありません。だから、人を恐れ、答えることができません。主イエスは仰います。33節後半。この出来事は、時の権力者たちの問いを主イエスが上手にかわしたというだけの話ではありません。神の権威に生きるはずの人々が、人々を恐れて、神の権威をないがしろにしていることが問題です。あなたは人の権威に服従しますか、それとも神の権威に服従する自由を生きますか。

2018年2月11日「少しも疑わず」(マルコによる福音書11章20~25節)

Download

 今、私達は丁寧にエルサレム入城からの一週間をみています。今日は、三日目の朝の箇所です。20・21節。前回(前日)の12~14節を受けての記事です。実は、エルサレム入城以降、主イエスは一切奇跡・癒しを行わないのですが、14節の主イエスの言葉は、このいちじくの木が枯れるという仕方で、実現しています。季節でもないのに、実がなっていないというのは理不尽ではないかというのが、普通の感想でしょう。しかしこの箇所は、宮清めの記事を挟んでいることから分かりますように、当時の神殿が、まるで葉ばかり茂っていて実がならない現実、口先だけの祈りしかなく、祈りの家としての実質を失っていることに対する警告です。また、宮清めで祈りの大切さが示されましたが、では祈りとはそもそも何なのかを主イエスが身をもって示しておられます。ペトロの指摘に対して、主イエスが語ります。22・23節。まず「神を信じなさい」です。現代のような、まるで神がおられないかのように生きる方々が多い世界ではなくて、神の民であるというアイデンティティに生きるユダヤの世界で、この言葉はどんな意味をもつのでしょう。それは、形式的な神信仰ではなくて、真実に全能なる神と共に生きる信仰です。だから、「そのとおりになる」のです。しかしそれは、神を下僕とする信仰ではありません。私達が神の僕なので、その祈り(神との深い交わり)において、私達は、自分勝手な祈りから、神中心の祈りへと育てられます(ゲツセマネの祈り参照)。だから少しも疑わずに信じるならば、そのとおりになります。24節。
 しかしそれは、神の子であられる主イエスはまだしも、私達にはとても困難なことではないでしょうか。それだから、25節。なぜ困難なのかといえば、私達は弱い罪人にすぎないからです。信仰を生ききることができないからです。私達が神のなさるのと同じ赦しに生きはじめるとき、私達は主イエスの十字架によって罪赦されて、少しも疑わない者へと育てられていきます。

 

2018年2月4日「強盗の巣に」(マルコによる福音書11章12~19節)

Download

 今日の聖書箇所は、14節までと15節からの二つの箇所になります。14節までの箇所は、次回20節からの箇所と共にみます。主イエスがなぜ季節でもないのに実がなっていないいちじくの木にこんなに厳しい言葉を掛けられるのか、次回みます。今日は、いわゆる宮清めの出来事に集中します。マタイやルカでは、この出来事はエルサレム入城の日に起こっていますが、マルコでは次の日です。主イエスが一番激しい、暴力的な行動をなさるのですが、決して人に危害を加えてはいません。15.16節。主イエスは台や腰掛けをひっくり返すだけです。物を運ぶことを許さないだけです。両替人や鳩は、当時必要なものでした。少なくとも年に三度の大きな祭りの時には(今回の過越祭はなかでも最も大きなお祭りです)、宮に詣でることが求められていました(実態は分からないが、敬虔な人々は少なくともそうしていたようです)。そして、当時一般にはローマの貨幣が使われていたので、神殿でのみ使われる昔の通貨に両替しなければ、献金ができません。また貧しい人々は、供え物として鳩をささげることが定められていましたから、鳩が手に入らないと、神殿で動物の犠牲をささげることができません。こんな必要な制度をなぜ主イエスは強盗の巣だと仰るのでしょうか。17節。本質的には、祈りではなくて別のことの場所になってしまっていることが、強盗の巣です。例えば、祈りではなくて政治の場にしてしまうことなど。本来の姿でなければ、それは、「強盗の巣」とさえ呼ばなければなりません。そして今一つには、そのように規制を設けることで、ある種の人々が不当に利益を得ていることです。私達は主イエスのことの怒りと、神の家・主イエスの家が祈りの家であって、私達は教会としてこの祈りの家を引き継いでいる、そのことをどれだけ大事にしているかが問われています。そして最後、18.19節。私達は彼らのように「恐れ」に基づいて行動するのではなくて、愛・信仰・希望に基づいて、祈りの家を大切にしましょう。

2018年1月21日「主がお入り用なのです」(マルコによる福音書11章1~11節)

Download

 今日の聖書箇所からエルサレムでの日々がはじまります。教会の伝統的な日にちの数え方によれば、今日のエルサレム入城が日曜日で、一週間の間の出来事が今までの箇所よりもはるかに丁寧に物語られていきます。1~3節。これらの町は、エルサレムからすぐ近くです。エルサレムにいる間、主イエスはベタニアの友人の家に泊まります。入城間近に主イエスは二人の弟子に命じました。そしてその通りになります。4~6節。主イエスが前もって用意なさったのか、それとも(現代でいう)超能力のような特別な力で見抜いたのか、どちらか分かりませんが、仰る通りです。そして、7~10節。壮大な入城の様子が描かれますが、ローマ帝国の官憲が現れない所から、都中が騒然となるような出来事ではなかったようです。この箇所の要点は、主イエスが「平和の王」(旧約聖書に預言されているように)として入城したことです。そしてマルコ福音書では、この日は特別なことはしないで、ベタニアにいきます。11節。神殿の境内に入って様子を見たとき、既に主イエスは次の日になさることを考えておられたのかもしれません。
 今日の箇所の中心は、主イエスが軍馬を駆って登場するような「力の王」ではなくて、平和の王、この世的な力に頼るのではなくて、ただ神のみにしっかりとより頼んで平和を形作る方であることです。しかしまた同時にこの箇所の、「主がお入り用なのです」は、自分の小ささに気が付いていながらも、こんな自分を用いて主がことをなして下さることへの喜びと感謝をもって多くの方々を捉えてきました。ちいロバ先生のことなどは、多くの方々がご存じであられると思います。私達は、小さく無力な存在に過ぎません。しかし主が用いてくださる、「お入り用」として下さる時に、主に用いられて様々な働きをなさせて頂くことができるのです。私達の心の扉の所まで、主イエスは来て下さっています。私達は主の、私達の心の中への入城を拒むのではなくて、喜んで迎え入れて、用いて頂きましょう。

2018年1月14日「何をしてほしいのか」(マルコ10章46節~52節)

Download

 今日の聖書箇所で、弟子の薫育に重点を置いた一固まりが終わります。そして次回、エルサレムに入城してからは、様々な論争の中で、主イエスが誰であるか、主イエスの権威はどこにあるのかなどが明らかにされていき,主イエスの十字架へ向かいます。緑豊かな、そしてエルサレムへ入る直前の町エリコを出て行く時の出来事です。46節。バルティマイは叫びます。47節。人々に叱りつけられても叫び続けます。48節。彼の叫びが主イエスの足を留めます。49節。なぜ主イエスは、この人の所へ自分から歩み寄らないで、呼び寄せたのでしょう。二つのことがあります。一つには、主イエスから行くのではなくて、この男が自分から主イエスのもとに来るように、彼の信仰の歩みを求めました。今一つには、身近にいる人々をこの男のために(それはその人々のためでもあるのですが)用いようとなさいました。主イエスは一人で行動される方(十字架のようにそういう場合もありますが)ではなくて、弟子たち・私達を用いてことをなして下さいます。私達は「安心しなさい」というメッセージを携えていきます。
 この盲人は、主イエスの所に来ます。50節。主イエスに呼ばれて喜ぶ盲人の姿は印象的です。そしてこの盲人に主イエスは尋ねます。51節前半。この問いは、前回のヤコブとヨハネにもなされました(36節)。しかし誤解している弟子たちと、この方では、何と違う答えがかえってくることでしょう。51節後半。盲人は、目が見えないからこそ、自分が何を望むのか、まっすぐに分かっています。そして主イエスに全幅の信頼を寄せて願い出るのです。51節。この方のこの箇所における最後は、目が見えるようになって、主イエスに従っていくことでした。私達は知っています。主イエスの十字架を。そして逮捕の時に、全ての弟子たちが逃げ去ったことを。この方がどうであったか、様々な想像ができます。マルコ福音書記者が名前を書いているので、この人は彼の喜びをもって生まれたばかりの教会に参加したのではないでしょうか。私達も主に従いましょう。