これまでの説教

日本基督教団幕張教会 早乙女哲自牧師

2017年10月29日「自分の内に塩を持て」マルコによる福音書9章42~50節

Download

 今日で9章が終わります。8章でペトロが信仰告白をして、それを受けるようにして主イエスは受難予告を語ります。更に山上の変貌などあって、主イエスはもはや大勢の群衆を憐れむことよりも、十字架を目指して、弟子たちの薫育を活動の中心に置かれます。その一つの言葉として、前回41節です。実は今回の区切りに関しては、41節を(新共同訳聖書のように)前回の箇所に含めるか、今日の箇所の冒頭にするか意見の分かれる所です。ただどちらの読み方をしてもはっきりしていることは、主イエスの言葉を覚え易いように、連想ゲームのような形をしていることです。前回41節は、キリスト者に対する親切でした。42節は真逆に、つまずかせる者。43~47節は自分の体の一部がつまずかせるならば、それを捨てても天国に入る方がよい。48節は、その逆に地獄の話です。地獄の火から、49節では火で塩味を付けられる。そして50節では、塩を自分自身の内に持ちなさいという戒めです。かつて書物がまだ貴重であったときには、アルファベット歌(日本で言ういろは歌でしょう)や、このように連想を用いて思い出し易くする工夫がなされていました。今日の箇所では、最終的に、自分自身の内に塩を持ちなさい、互いに平和に過ごしなさいという教えです。これは「誰が一番偉いか」などどいう競争主義からは生まれてきません。ただ平和の王として歩まれた主イエスに従っていく時に与えられる歩みです。この言葉に似たものとしては、「いつも、塩で味付けられた快い言葉で語りなさい」(コロサイ4章6節)があります。ではどうしたら私達は自分の内に塩を持つことができるのでしょう。十字架に死んで私達の罪を全て赦し、復活によって神の国・永遠の命を約束して下さった主イエスの後にただ従っていく時に、無理をしてではなくて、自然に、そのような歩みが形作られていきます。まっすぐ主に従い、塩を持ちましょう。

2017年10月22日「私達の味方」マルコによる福音書9章38~41節

Download

 今日の箇所ではまず、ヨハネが主イエスに報告しています。38節。ヨハネは、「雷の子」(3章)というニックネームを主イエスから付けられていました。恐らく、大声で、また怒りやすかった。主イエスが、「私の名のために(37節)」と仰ったので、一つの出来事を報告します。主イエスの名前を使って悪霊を追い出している人がいた。当時は、名前そのものが力があると信じられていましたから、力のありそうな名前は何でも使います。主イエスの名前も使われます。それをヨハネはやめさせようとした。主イエスの弟子でも何でもないのですから、とめるのも当然だ、主イエスはこの出来事を褒めてくれると思ったのではないでしょうか。しかし主イエスは仰います、39・40節。私達の味方。厳密に言えば、味方ではないでしょう。しかし主イエスはあえて、味方なのだと仰る。そして、いつも大切なことを語る時に用いる「アーメン」でもって、仰る。41節。
 この本当に短い、なにげない箇所から私達は何を聞き取るのか、三つのことだけを申し上げます。まず第一に、弟子たち・私達の罪の現実です。確かに弟子たちを代表してペトロは告白しました。しかしその告白は、全く異なる理解からでした。恐らく、ヨハネは持ち前の大きな声で、主イエスの名前を(弟子でもないのに)使う者を制止しようとしました。彼は、「自分は主イエスの仲間・味方、あいつは違う」と思っていた。しかし彼の制止は、主イエスの御心とは異なっていた。彼の大声の中に、主の思いはありませんでした。第二に、主イエスは、たとえ弟子たちの群れに加わっていなくても、神の御心を行うことをこそ、喜ばれました。それが最後、第三に、41節にも現れています。初代教会の頃、弟子たちの群れは弱く小さいものでした。迫害されて、地下のお墓で礼拝するしかなかったほどです。そのようなキリスト者に一杯の水を飲ませることは勇気のいることでした。たとえまだ、自分の全てを注ぎだして弟子になっていなくても、弟子のために与える者には必ず報いがある。私達には、主の名において味方が大勢いる。この励ましに生きましょう。

2017年10月15日「受け入れる生き方」マルコによる福音書9章30~37節

Download

 前回は山上の変貌の後、山を降りてきた時の出来事でした。主イエスの主な活動地域であるガリラヤ地方に行きますが、もはや十字架に掛かるエルサレムが視野に入っているので、「通って行」くだけです。30~32節。新共同訳聖書では…と表題を付けていますし、福音書で三回、主イエスが受難予告をしておられるという言い方も一般になされています。しかし、31節を丁寧に読むとすぐ分かりますように、「三回だけ」予告なさったのではなくて、三回取り上げられているだけで、繰り返し語っておられたことが分かります。弟子たちが、受難予告の意味が分からないけれども、怖くて尋ねられなかったのは、彼らの期待に明らかに反する答えを主イエスがなさりそうだったからでしょう。
 彼らはカファルナウムに着きます。家は、恐らくペトロの家です。33節。尋ねなくても主イエスには分かっておられたでしょう。しかし敢えて尋ねます。34節。黙っていたのは、「だれが一番偉いか」という議論が、主イエスの前に恥ずかしい議論だったので、答えられなかったのでしょう。そこで主イエスは教えます。35~37節。教会の言葉として、「下への上昇」という言葉があります。主イエスが、神の子でありながら、十字架という残酷な恥ずかしい死刑に殺される所まで降って行かれたように、私達もまた、常に「下へ」という方向性が大切です。そしてその一つの現れ方が「受け入れる」ことです。少子化の社会の中で、「子ども」のイメージはかなり変わりましたが、この当時は、邪魔な者、取るに足らない者、弱く小さい者でした。社会の中で、最も小さくされている者を受け入れる者こそ、主イエスを受け入れ、神を受け入れることになります。あなたは、子ども=最も小さくされた者を受け入れる生き方をしていますか、主イエスに倣って。

2017年10月8日「祈りによらなければ」マルコによる福音書9章14~29節

Download

 前回は山上の変貌で、福音書の頂点でした。今日は山から降りてきた直後の出来事です。出来事自体は複雑ではありますが、読めば分かる事柄です。ただ二点だけ、少し分かりにくいことについて説明をします。それから、三つのポイントに絞ってお話ししましょう。まず、「驚き」の意味(15節)です。次に群衆が走り寄って来る(25節)です。
 三つのポイントの一つ目は、主イエスの嘆きです。19節。二つ目は、父親の信仰です。三つ目、最後は、「祈りによらなければ」です。一つ目の主イエスの嘆きは、主イエスが父なる神に祈りつつ、神との交わりの中で活動していたのに対して、主イエスの来られた時代がいかに「信仰のない時代」であるかを主イエスは嘆いておられます。山上の変貌で栄光が明らかに示された後だから尚更、主イエスはこの世界の現実、信仰のない時代の現実を嘆かれました。三つの徳の一つに祈りが数えられた(残りの二つは断食と施し)時代でさえ、そうでした。二つ目は、父親の信仰。22節後半~24節。「信じます。信仰のない…」という父親の言葉には、信仰と不信仰が入り交じっています。私達はどうでしょう。「からし種一粒ほどの信仰があれば…」という主イエスの教えを思いますと、私達もまた、この父親と同じように叫ぶしかありません(父の話)。「自分の信仰」を考えれば、「信仰のないわたし」と告白するしかない。けれども、そのわたしが、神に心を開いて、「信じます、憐れんでお助けください」と叫ぶ所に、神の奇跡、わたしたちの小さな取るに足らない信仰を全て包み込むようにして、神の救いがあります。三つ目は、「祈りによらなければ」。弟子たちが、祈らないで治そうとしたのではないでしょう。しかし弟子たちの祈りは、この父親の叫びのような、自分の信仰のなさを知り、それでもなお神が働いて下さるようにという、切実なものではなかったのでしょう。祈りは、形式的なものに堕しやすい。神に自分の心の全てをさらけ出すような祈りを祈りましょう。

2017年10月1日「山上の変貌」マルコによる福音書9章2~13節

Download

 今日は山上の変貌の箇所です。ここが福音書の頂点です。ペトロの信仰告白、主イエスの受難予告に続いて、今日の箇所では、父なる神の宣言(7節)です。様々な読み方・読み取りがこの箇所にはありうるのですが、この神の宣言こそ、この箇所の中心でしょう。まず2~6節。エリヤとモーセは、預言者と律法を代表して、神の言葉・旧約聖書の全体を代表しています。そして白く輝くのは、終末のしるしです。主イエスの栄光が現れるのは、復活を待たなければなりませんし、それが誰の目にも明らかになるのは終末を待たなければなりません。しかし今日の箇所で既にその予表が、特に大切な三人の弟子たちに示されました。しかし弟子たちは何が起こっているのか理解せず、ただ恐れ(6節)、場違いなことを言います(5節)。大切なのは、神の言葉です。7・8節。1章の主イエスの受洗の場面では、主イエスに向かって語られていたことが、この箇所では三人の弟子たちに語られます。そして、「これに聞け」と命じられます。既に主イエスは受難予告を語りはじめられましたが、弟子たちはまだその意味が分かりません。それでも聞き続けるならば、復活の後に、その意味が分かります。だから今までと異なり、沈黙命令も、期限付きです。最後、9~13節。復活の後、すなわち弟子たちが教会を建て私達にまで引き継がれていく歴史の中で、この出来事は語り継がれ、主イエスの栄光を証する大切な出来事として記憶されていきます。11節の弟子たちの問いには、「だからあなたをキリストと認めない」という律法学者の判断がありますが、主イエスは、洗礼者ヨハネという姿で既にエリヤが現れていることを指摘なさいます。「これに聞け」。この言葉は最初の三人に対してだけ語られた父なる神の言葉なのではなくて、私達も招かれている新しい生き方です。主の言葉に聞くからこそ、私達は神の民として生きます。

2017年9月24日「自分の命の重さ」マルコによる福音書8章31~9章1節

Download

 前回弟子たちを代表してぺトロが、「あなたはキリストです」と告白しました。主イエスはその告白を受けて、今まで語ってこられなかった新しいことを教え始めます。31・32節前半。まさにどれほど弟子たちの期待と異なる「キリスト」であるかを、神がどのような方としてキリストをお送りになられているのかを語ります。この先も繰り返し何回も教えられますが、分かりません。今回も弟子たちを代表してペトロがいさめます。32節後半。実は、30節の「戒められた」もこの節の「いさめ始めた」も33節の「叱って」も同じ言葉です。主イエスがなさるはずの「戒める、叱る、いさめる」ことをペトロが主イエスの言葉が分からないでしてしまいます。主イエスは厳しく叱ります。33節。この「引き下がれ」は、遠くへ排斥することではなく、「自分の後ろへ下がれ」です。主イエスが最初に四人の弟子たちに「わたしについて来なさい」と仰った言葉です。(まだ今は理解できない)神の御心よりも、(自分たちが勝手に思い描く)人間の考えを優先して、でしゃばって主イエスの前に出てしまうペトロに対して、主イエスは元の位置へ、主イエスの後ろへ、主イエスに従う所へ、戻りなさいと仰います。それだから、群衆をも呼び寄せて、主イエスに従うとはどういうことか、教えます。34~37節。まず自分の命(魂)の大切さ・重さに気が付くことです。そしてだからこそ、この信仰の逆説(救いたいと思う者は失い…)を生きることができます。自分の十字架を背負って喜んで生きる、主イエスの後に従って生きることができます。さああなたも、神が聖霊によって与えてくださる十字架を喜んで担いましょう。そこでは、38節・9章1節の約束の言葉を自分のこととして喜ぶことができます。神の国(支配)は、力にあふれて現れています。

2017年9月17日「あなたは、キリスト」マルコによる福音書9章27~30節

Download

 27節前半。このフィリポ・カイサリア地方というのは、新約聖書の世界の中で、最も水が豊かな地方の一つです。他には、ザーカイの出てくる出来事で有名なエリコなどもそうです。あまり水のない荒涼とした地域を旅しますと、私達水の豊かな所に生まれ育った者には、ほっとするような所です。そしてまた、当時のユダヤ世界では、北の外れでもあります。これから(十字架に掛かるために)赴くユダヤよりも、今まで活動の中心であったガリラヤよりも、更に北に位置します。恐らくはヘルモン山から溢れ出る水のせせらぎの音の中で、普段の活動領域から離れたところで、主イエスは弟子たちに尋ねます。最初は答えやすい問いです。27節後半~28節。主イエスが人びとからどのような方として受け止められているかを問います。弟子たちは、自分たちに責任のないことです、口々に答えます。「洗礼者ヨハネ」は、以前にヘロデの話として出てきました。更にエリヤは預言者の中の預言者です。「預言者の一人」というのは、当時既に預言者が現れなくなって久しかったので、特別な意味をもちます。次に主イエスは「ではあなたがたは?」と問います。人の話でなく自分のことですから、無責任ではいられません。弟子たちを代表して(ここが私達プロテスタントがカトリックとは決定的に異なる点の一つ)、ペトロが答えます。29節。「あなたは、キリストです(元のギリシャ語ではメシアでなく、キリスト、以前の口語訳聖書も)。これは油注がれた者という意味で、本来王・祭司・預言者、特別な使命のために選ばれて油を注がれた者です。しかし主イエスの時代には救い主として特別な意味を持つ言葉になっていました。弟子たちは、主イエスがどのようなキリストであられるのか、まだ分かっていません(次回のペトロ参照)。主イエスの十字架と復活によって、はじめて分かります。私達も「あなたは…」と問われています。その中身の理解がまだ曖昧でも、まず「キリスト」として受け入れる。そこから信仰がはじまります。