これまでの説教

日本基督教団幕張教会 早乙女哲自牧師

2017年2月5日「新しい心、新しい霊」エゼキエル書36章22~27節

Download

 今日の聖書箇所は、ローズンゲン(日々の聖句)の年の聖句です。久里浜でも名古屋でも年の最初の新年礼拝で(講解説教をお休みして)その年の年の聖句に聴いてきましたが、今年は、マルコによる福音書の講解説教に入ったばかりでしたので、マルコにしました。そして今日、幕張教会では三里塚との講壇交換を予定していたので説教の予定を開けていましたが、先方の都合がつかず、空いてしまったので、年の聖句を取り上げます。
 今日の聖句の26節前半が、今年の年の聖句です。捕囚の民が捕囚のまま終わることはない、必ず神は解放してくださる。しかも、新しい契約の下で、全く新しく神の民とされて。次の37章には、エゼキエル書で最も有名な箇所の一つ、枯れた骨の復活があります。主なる神は、「お前たちのためではなく、お前たちが行った先の国々で汚したわが聖なる名のために行う(22節)」と宣言なさいます。神は神の民を愛されますが、その愛が根拠ではなくて、神の名が聖なるものであり、神が主であることが明らかになるように、この業を行います。これは、神の民や神の民への愛よりもはっきりとした確かな根拠です。神が清い水によって清めます(25節)。ここには、洗礼の原型があります。洗礼とは何かを考える上で大切なことは、私達人間の何かではなくて、神の業であるという事実です(聖書研究祈祷会のローマ書6章も参照)。そして私達には、新しい心、新しい霊が与えられます。罪を犯して神を離れた神の民・イスラエルがそうであるように、私達もまた、洗礼を受けて神の民となったはずが、様々な形で彷徨ってしまうこともあります。しかし神は、そんな私達を愛し慈しんで、神の名が聖なるものであるように、私達を再び内側から新しくしてくださいます。そのような神様の招きに信頼し、この神を信じて今年も歩みましょう。

2017年1月29日「御心ならば」マルコによる福音書1章40~45節

Download

 今日の聖書箇所で主イエスがなさっておられるのは、重い皮膚病の方を癒すことです。出来事自体は難しくはない易しい事柄です。三つのポイントをみていきましょう。まず第一に、この方自身の信仰です。40節。十字架や復活よりも前の出来事ですから、救いについてよく分かっているわけではありません。しかし、「この方ならば癒す(清くする)ことができる」と信じます。論理的・体系的に整った信仰ではなくて、まっすぐに純粋に信じることが大切です。
 第二に、お癒しになられたときの主イエスの気持ちです。41・42節。「深く憐れ」んだ。これは、自分の内蔵までも痛むようにして共感したという言葉です。更に、写本によっては「お怒りになって」という言葉のものもあります。主イエスは病のゆえに苦しみ、さらには社会的・宗教的にも苦しめられている者を深く憐れみ、あるいは、そのような社会のあり方に憤って、癒します。
 第三に、癒した後の出来事に注目しましょう。43~45節。ここには以前にもお話致しました「メシアの秘密」のモティーフがあり、更に、それでもなお広まっていく主イエスの評判があります。しかしそればかりではなくて、主イエスは、「ただ、…」と命じておられます。これは単に主イエスが、当時の律法に従って行動するようにと勧めただけではなくて(勿論それもありますが)、この方が、完全に社会復帰することを望まれたということです。
 最後に、「御心ならば」について、ゲツセマネの祈りを参照して、思いを深めましょう。何でもおできになる神様が、しかし苦しみを必ず排除なさるわけではない、そこには神の主権と神の(私達には秘められた)計画があります。

2017年1月22日「祈ることと宣教と」マルコによる福音書1章35~39節

Download

 35節。前回、主イエスは、ペトロのしゅうとめを癒した後、日が暮れて(安息日が終わって)大勢の人々を癒し、悪霊を追い出しました。どの位大勢の人々を癒したのか、その後で休息をとる時間があったのか、なかったのか(いつ頃終わったのか)、その辺りのことは(描かれていないので)分かりません。主イエスがまだ暗いうちに出かけられた場所は、「人里離れた所」(荒れ野)です。この箇所でまずみるべきことは、主イエスが祈られたこと、そして祈りにおける神との交わりをとても大切になさったことです。主イエスの祈りを多く描くのはルカですが、マルコでもこの箇所や、水上歩行の前や、ゲツセマネの祈りなど、大切な場面では、主イエスが祈られたことを描きます。神との豊かな交わりこそ、主イエスのあのような激しい宣教活動の源泉です。
 この主イエスの祈りを妨げた(中断させた)のは誰でしょう。36・37節。ペトロたちです。昨日に引き続き、多くの人々が癒しを求めて集まっている、探している。そのことを主イエスに伝えます。主イエスは何と答えるでしょう。38節。前々回の、汚れた霊につかれた人の癒しでも、中心にあったのは、奇跡の業ではなくて、「権威ある新しい教え」でした。そして、主イエスは、神への祈り・神との豊かな交わりを通して、ご自分の使命、何のために「出てきた」のかを再確認し(主イエスを求めて探していた人々のもとへ行くのではなくて、行くことをはっきりと拒絶なさって)、近くのほかの町や村へ宣教することを宣言なさいます。そして21節からの一纏まりの締めくくりの言葉として、39節。主イエスにおいては、祈ることと宣教とは、切り離せない、一つの事柄です。私達も、徒に活動するのではなく、しっかり祈りつつ、神から与えられた使命を果たしていきましょう。

 

2017年1月15日「知っていることと信じること」マルコによる福音書1章29~34節

Download

前回、主イエスの初めての癒しがありました。汚れた霊は、主イエスの正体を「神の聖者」と見抜きますが、従おうとしません。まだ主イエスが誰であるか本当には分かっていなくても従った四人の漁師とは対照的です。今日の箇所は安息日(土曜日)の午後(から)の出来事です。29節。四人の弟子たちは全てを捨てて主イエスに従いました。しかしそれは、家族などとの関係を全て絶つことではありません。この箇所で、シモン(ペトロ)たちの家へ行きます。妻(この箇所には出てきませんが)もしゅうとめも救いに入れられていきます。30節。色々な推測ができますが、主イエスはこのしゅうとめを癒します。31節。「最も小さな癒し」などと言われます。大切なことは、このしゅうとめが一同をもてなす(ギリシャ語の表現から、一回限りのことではなくて、繰り返される)ことです。主イエスのサービスを受けた私達が今度は主イエスや他の人々にサービスします。夕方までは安息日なので、「人を連れて行く」ことも、(厳密には)「癒す」こともできません。32・33節。会堂でのことが口伝えに広まっています。「皆」とか「町中の人」は、マルコ福音書記者らしい誇張表現ですが、実際に大勢の人々が集まってきたのは事実でしょう。そしてその人々を主イエスは癒されます。今日の聖書箇所最後、34節。
 今日の箇所から、三つのポイントをお話ししましょう。まず第一に主イエスが、「悪霊にものを言うことをお許しにならなかった」意味です。近代に入って「メシアの秘密」ということが言われるようになりました。「時が来る」まで、主イエスの正体、メシア(キリスト、神の子)であることが知られてはならない。ただし、第二に、それでも主イエスの評判は広まっていきます。主イエスは自分のためではなく、必要な人々を憐れんで癒しますが、そこに人の子の力は溢れていきます。第三に、前回の汚れた霊と同様に、「知っている」だけの悪霊たちに救いはない、信じて従っていく人々に救いはあります。

2017年1月8日「権威ある新しい教え」

Download

 前回、四人の漁師が弟子になりました。主イエスの招きに、まっすぐに「すぐに」応えました。そして一行はカファルナウムに着きます。(その日ではありませんが)安息日に会堂で主イエスは教えます。21・22節。22節の、「人々が非常に驚いた」理由には二つの解釈があります。一つには、(当時権威があると一般に認められていた)律法学者の権威をマルコ福音書記者が否定しているのだというものと、そもそも律法学者は神の権威ある教え、律法を解釈するだけで権威があるわけではない、というものです。後者のほうが自然だと思います。そして私達説教者は、律法学者がただ権威ある神の教え、律法を解釈したにすぎないように、権威ある教えを語ることができるのはただ主イエスのみであって、私達はそれをお伝えするに過ぎません。ただしそこで聖霊が働いて、私達説教者の小さな弱い人間の言葉が、神の言葉、イエス・キリストの言葉、権威ある言葉として用いられます。単なる聖書の解説では、説教は意味がないのであって、ここで神の言葉の出来事が起こってはじめて、説教として意味をもちます。主イエスの教えの中身はこの箇所では触れられていませんから、何よりも神の福音、「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」を語ります(更にマタイに描かれているような「反対命題」も語ったかもしれません)。
 23~26節。汚れた霊に取りつかれた男の癒しです。ここでは癒しの奇跡そのものではなくて、そこで示される主イエスの権威が焦点です。主イエスの正体、神の聖者であることを知っているかどうかが問題ではなくて、この権威、新しい教えを受けいれてこれに生きるかどうか(汚れた霊とは真逆に)が問題です。この権威に従って生きる時、私達はこの世界のあらゆる権威(があるかのように見せるもの)の全てを相対化し、自由です。

2016年1月1日「すぐに網を捨てて」マルコによる福音書1章16~20節

Download

 一回休んで、今日からマルコに戻ります。今まで、主イエスはヨハネから洗礼を受け、荒れ野の40日間を過ごし、そして前回、公生涯がはじまる、神の福音を宣べ伝えはじめました。今日の箇所ではじめて、主イエスは発言だけではなくて、具体的に活動を致します(新年最初の礼拝に相応しい箇所です)。16節。極めて短い描写です。ルカやヨハネを読みますと、このときはじめてこの四人の漁師と知り合ったのではなさそうですが、マルコはどちらとも描きません。ただ主イエスはガリラヤ湖畔を歩いておられ、網を打つシモンとアンデレの兄弟をみます。そして声を掛けます。17節。魚を獲る漁師から、人間をとる漁師へ。この転換は何を表すのでしょう。以前この箇所で説教を致しました時には、「魚はとると死んでしまうが、人間はとると本当に生き生きと生きることができるようになる点が正反対なのだ」とお話ししました。それは事実ですが、それだけではなくて、実は人間もとられるといったんは死ぬ、だからこそ、復活の命、永遠の命を豊かに生き始める、そのことを知っておくことは大切です。主イエスは、この四人を(そして更に多くの弟子たち、私達までも)人間をとる漁師へと招きます。そしてその最初にまず、主イエスご自身が「人間をとる漁師」となって、ご自身がお語りになる「神の福音」を生きる者へと変わることを促しておられます。
 18節。シモンとアンデレの兄弟はすぐに網を捨てて、従います。19・20節のヤコブ・ヨハネの兄弟も、多少異なりますが、大きな違いはありません。それまで生きてきた生活を捨てて、新しく生き始めます。洗礼を受けてキリスト者になるとは、今までの自分に更に敬虔な何かを足し算することではない。全てを捨てて変えられる。しかも「すぐに」。さあ、新しい年、この原点に立ち返って歩みだしましょう。

2016年12月25日「地には平和」ルカによる福音書2章1~20節

Download

 クリスマスおめでとう。今日はマルコの講解説教を一回だけお休みして、ルカの降誕の記事に聴きます。といいましても、この箇所全体を丁寧にみるのではなくて、大まかにみつつ、三つのポイントだけをお話致します。
 舞台設定は、住民登録の時です。ルカ福音書記者が主イエスの出来事を歴史的に位置づけようとしています。住民登録の際には、自分の町へ行かなければならないので、ヨセフはベツレヘムへ行きます。こうして旧約聖書のベツレヘムで救い主・メシアはお生まれになるという預言が成就します。一つ目のポイントは、主イエスがお生まれになって寝かせられたのが、家畜小屋の飼い葉桶だということです。それは、救い主がお生まれになるのに(一見全くそうではありませんが)まさしく相応しいことでした。二つ目のポイントは、この喜びの知らせが伝えられたのが、羊飼いたちであったことです。羊飼いとはどのような人々なのか。全く逆の二つの解釈があります。指導者としての羊飼いと、下層の厳しい労働環境に置かれた労働者。ルカはこのことについては何も語りませんので、各自思いめぐらしてみてください。そして三つ目、最後に、天の大軍の賛美の中身です。14節。「御心に適う人に」については、昨日のキャンドルサービスでお話ししました。これは単に天の大軍の賛美の歌声ではなくて、神様ご自身の意志・願い・求めです。主の祈りの第一の祈りと同様に、天に関しては事実そうなのですから、その事実が私達にもきちんと分かるように、ということです。そして「地には平和」も、私達人間の罪が力を振るわないならば、喜びの事実でありましょう。しかし現実は、私達人間の罪によって、戦争・暴力・搾取などがはびこり、平和とは言えません。だからこそ、主イエスがお生まれになって私達一人ひとりの心に平和の灯をともし、十字架によって罪を滅ぼす必要があります。