これまでの説教

日本基督教団幕張教会 早乙女哲自牧師

2016年12月11日「聖霊に送り出されて」マルコによる福音書1章12~13節

Download

 前回、主イエスは洗礼者ヨハネから洗礼を受けました。そしてすぐに、聖霊は主イエスを荒れ野に送り出します。12節。この「送り出す」は、「強いて(無理やり)行かせる」という言葉です。父なる神は、主イエスを「わたしの愛する子」と認証すると直ちに、荒れ野へ送り出します。荒れ野には、様々な意味があります。一つには、神があえて手出しをなさらないで、サタンに任せてしまわれているところです。今一つには、訓練を受ける場所、試みによって育てていただく場所です(エジプト脱出の時の荒れ野の四十年のように)。サタンは、誘惑するものであるのと同時に、試みるものです。13節も「誘惑する」ではなくて、「試みる」と訳すべきだという方もいます。13節前半。主イエスは(今日の箇所にはっきりとは書かれていませんが)四十日間のサタンの試みに勝ち、公生涯へと歩みだします。
 この際の特徴として、マルコは二つのことを描きます。13節後半。一つは、「野獣と一緒におられた」。これは、敵対的な(恐ろしい)野獣と共にいたが大丈夫だった、主イエスは野獣に負けなかったという意味にもとれますが、それよりも、終末のしるし、前回の洗礼と同様に、終わりのときが主イエスにおいてはじまったという意味でしょう(イザヤ書11章参照)。いま一つは、「天使たちが仕えていた」。マタイやルカでは、荒れ野の誘惑では「断食」がありますが、「仕える」は、「給仕をする」という意味なので、マルコでは断食ではなかったと解釈することもできます。いずれにせよ、主イエスは、神の福音を宣べ伝える前に、まず試みにあい、この試みに打ち勝つことが必要でした。
 私達の人生にも様々な苦難がありますが、「聖霊に送り出されて」神が私を育てようとして、この現代の「荒れ野」なのだという自覚が、神の民として生きる上で大切です。

2016年12月4日「天が裂けて」マルコによる福音書1章9~11節

Download

 今日でマルコによる福音書も三回目、二番目の聖書箇所です。教会の暦の上では、今日からアドベント(待降節)第二週です。御子のご降誕への備えの季節、御子イエス・キリストの公生涯の最初の所を学ぶのも時宜に適っています。マルコが、洗礼者ヨハネの出来事の後で、最初に主イエスの記事を書くに当って選んだ出来事は、主イエスが洗礼を受ける場面でした。9節。マタイやルカのように、このときの洗礼者ヨハネの躊躇や詳しい解説は一切描かないで、マルコはまっすぐ主イエスがヨハネから洗礼を受けたこと、その時どんな出来事があったのかだけを描きます。ヨハネ教団と主イエスの関係について、様々な推測がなされますが、私達はただ描かれていることに注目しましょう。
 10・11節。この箇所を読むのに、とても参考になります旧約聖書箇所は三つあります。創世記22章(イサク奉献)、詩編第二編(王即位の歌)、そしてイザヤ書42章(神の僕の歌の一つ目)です。最初の表題(1節)に呼応して、「わたしの愛する子」という声が聞こえます。(ここでもルカやマタイのように、客観的事実としてではなく、主イエスの体験として描かれます。)前回、霊による洗礼ということで、主イエスが授ける洗礼がそれまでの沐浴やヨハネの洗礼と異なり、神の霊、キリストの霊がその人の内に与えられる出来事であるということをみました。まさにその最初の方として、主イエスが描かれています。これはとりもなおさず、主イエスは、神であること、神の子であることに固執しないで(フィリピ2章6節~)、私達の只中に洗礼を受ける方として来てくださったということです。私達罪人と同じ(罪は一つもおかしておられないのに)人間になって下さいました。そして洗礼を受けた時に、「天が裂け」ました。主イエスが十字架に死んだ時に、神殿の垂れ幕が裂けたのと呼応して終わりの時がはじまりました。 

2016年11月27日「新しい洗礼」マルコによる福音書1章1~8節

Download

 先週からマルコによる福音書に入りました。教会の暦の上では、今日からアドベント(待降節)に入り、新しい一年がはじまりました。先週は、主に5節までの箇所から、表題としての1節、また公生涯の前にどうしても描く必要があった洗礼者ヨハネのことをみました。神の恵みである洗礼を受けるためには、まず、(これもまた神の恵みである)悔い改めが必要です。
 今日は、6節からです。この描写は、ヨハネがとても清貧な荒れ野の隠者のような姿・生活をしていたことを物語ります。そしてヨハネは語ります、7・8節。どのような悔い改めが必要かなど、他の福音書に描かれていることは全て省いてマルコ福音書は、主イエスの先触れとしての自覚だけを語ります。「履物のひもを解く」のは当時奴隷の仕事ですから、自分は後から来られる主イエスに比べれば、奴隷以下の存在だと言います。そして自分が授ける洗礼と、主イエスの(といっても主イエスご自身が洗礼を授けるのではありませんが)洗礼の違いを語ります。
 当時ユダヤ教では、清めの沐浴がありました(今もその遺跡が多数あります)。日本の神道にもにて、神の前に出るに当って、自分で自分についてしまった汚れを洗います。しかしヨハネの洗礼はそれとは少し異なり、悔い改めのしるしであり、その際には、「罪を告白」しました。汚れを取り除く意味よりも、神の方に向き直ることが中心です。更に主イエスの洗礼は、単なる水による洗礼ではなくて、聖霊による洗礼です。もっとも使徒言行録をみますと、初代教会の頃には多少の混乱があったようです。今は、洗礼において、確かに水を用いますが、そこに神の霊、キリストの霊、聖霊が働くことを信じます。そのように神の恵みによってこそ生きる者へと生れ変わるのが洗礼です。

2016年11月20日「福音の初め」マルコによる福音書1章1~8節

Download

 先週でテサロニケの信徒への手紙一の講解説教は終わり、今日からマルコによる福音書に入ります。教会の暦の上では、今日が一年の最後の主日、来週がアドベント(待降節)に入り、新しい一年がはじまります。この今日と次回の二回にわたって、この福音書の一番最初をみてみましょう。
 最初の一節は、この福音書全体の表題です。この表題から既に、マルコの信仰告白になっています。「イエス・キリストは神の子である」。四つの福音書の中で最初に書かれたマルコ福音書は、マタイやルカ(この三つを共観福音書といいます)のように、誕生物語を一切記すことなく、公生涯に集中します。恐らく当時、世代が移ると共に、主イエスと共に実際に行動した人々が減っていきました。だから、(終末・再臨がなかなか来ない中で)、公生涯をきちんと記録しておく必要を感じたのでしょう。マタイやルカは、マルコ福音書(今私達が読むものとは多少異なるかもしれません)を手元にもっていて、自分たちの福音書を編んだと考えられています。
 公生涯に集中したマルコが(それゆえ主イエスの伝記では全くなく、幼い頃のエピソードなどは全く書かれず、また受難・十字架の出来事に多くの部分を費やす)、どうしても公生涯の前に書かなければならないと思ったのが、バプテスマのヨハネのことでした。それも他の福音書に比べると短く、最小限です。まずイザヤを引用します。2・3節。この預言の通りに、ヨハネは現れ、主イエスの道備えとして、多くの人々が罪を告白して洗礼を受けました。5節。洗礼そのものについては、次回(来週)みますが、洗礼にどうしても必要な事柄として、罪を告白すること、悔い改めがあります。私達もマルコ福音書を学び味わいつつ、信仰の原点である悔い改めを思い起こしましょう。

2016年11月13日「キリストの来られるときに」テサロニケの信徒への手紙一5章23~28節②

Download

 今日の聖書箇所でテサロニケの信徒への手紙一は終わりです。前回は、25節以下、後半の本当に最後の箇所をみましたので、今日は、23・24節、最初の2節に集中します。
 この手紙では、前半の最後(3章終わり)でもしていましたが、祈りの言葉です。パウロは自分自身で勧めているように「絶えず祈」る(17節)人でしたから、手紙でも思いが溢れて神への祈りになっていきます。今日私達幕張教会では、召天者記念礼拝として礼拝を守っています。既に天に召された方々はどうなったのか。それが今まで繰り返しみてきましたように、当時のテサロニケの人々の大きな関心の的でした。4章15節以下で、彼らのほうが私達よりも先に救い・天国に入るのだと言います。そして私達もまた、「キリストの来られるとき」「非のうちどころのないもの」たちとして、招かれています。
 23節前半。「平和の神」ということは、平和聖日(8月)にみました。平和の源であり、平和そのものであられる神です。その神が、私達を完全に聖なるものとしてくださるようにと、パウロは祈ります。今まで述べてきた勧告は、私達の力で実現するのではなくて、ただ神が恵として一方的にそうしてくださいます。
 23節後半。霊、魂、体というのは、私達人間を三つに分けて考えているのではなくて、私達の全体、私達自身ということです。私達は欠けだらけの人間ですが、神はその私達を「何一つ欠けたところのないものとして守」ってくださいます。パウロはそのことを祈りつつ、神がそうしてくださると、また、確信しています。
 なぜなら、24節。私達が神に招かれたということは、とりもなおさず、また、神が私達を御国に相応しい者に変えてくださる、育ててくださるということです。神が信実な方である(この告白には旧約聖書以来の深い信仰があります)ので、私達はその神に信頼してよいのです。