これまでの説教

日本基督教団幕張教会 早乙女哲自牧師

2017年6月18日「タリタ、クム」マルコによる福音書5章21~43節②

Download

 今回は前回と同じ聖書箇所です。前回、出血の止まらなかった女をみました。今日はヤイロの娘をみます。サンドイッチの形のパンの部分です。きっかけは、21~25節。とにかく主イエスが来て、手を置いて下されば、という信仰です。前回の女と同様に、この会堂長の信仰もまた、一途なまっすぐなものですが、決して整った信仰ではありません。そして34節までが出血の止まらなかった女の記事で、35節から再開します。35~37節。会堂長ヤイロは、もはや語ることも行動することもありません。主イエスが主導権をもって、ただ、娘が亡くなったと聞いて諦めかけるヤイロを励まします。「恐れることはない。ただ信じなさい」と。一番身近な弟子たち三人だけを伴って、ヤイロの家に行きます。38~40節。亡くなった時、葬儀の時の様子は風習によって様々です。ただ、亡くなったことだけは確かです。主イエスは、人々にあざ笑われます。たった五人を伴って、主イエスはこの少女と向き合います。この出来事は、最後の(43節の)禁止命令がありますから、主イエスの復活の後にこの三人の弟子たちによって伝えられたのでしょう。主イエスは、少女の手をとって、「タリタ、クム」と仰います。
 この少女の復活は、単なる蘇生です。ラザロややもめの一人息子と同様に、いつかは時が来て死ぬことでしょう。主イエスの二度と死なない復活や、私達の終わりの日の復活とは異なります。しかし、この出来事は、復活の先触れとして、神が死をも越えて支配なさる方であること、主イエスがそれをなすことを示しています。「タリタ、クム」。信仰をもって生きはじめて、それ以前は死んだようであった倒れたようであった私達もまた、主イエスからこう呼びかけられて「起きた」のです。そして今も私達が倒れそうになる・倒れてしまう時に、主イエスは、「タリタ、クム」と励ましていて下さいます。
 

2016年6月11日「あなたの信仰が」マルコによる福音書5章21~43節

Download

 今日からマルコの講解説教に戻ります。今回と次回は同じ聖書箇所です。今回は出血の止まらなかった女、次回はヤイロの娘をみます。まず、このサンドイッチの形に注目しましょう。ヤイロの娘の記事に、出血の止まらなかった女の記事が挟み込まれています。何のために?三つのことをみましょう。まず第一に、『十二年間』という長さです。第二に、主イエスは、とても急いでいる時でも(ヤイロの娘は死にそうです)、大切なこと、この女が単に病が癒されるだけではなくて、主イエスとの対話を通して救いが宣言されることを大切になさいました。第三に、この女への言葉とヤイロの娘への言葉が響きあって、私達信仰を生きる者たちへの励ましになっています。
 女の信仰に注目しましょう。主イエスの服に触れていやされたことを感じた女を主イエスは探します。30節。弟子たちの、31節のような意見にも関わらず、主イエスは探します。32節。女は、33節。そして34節の主イエスの言葉でこの出来事は終わります。しかしここで、主イエスが仰った、「あなたの信仰があなたを救った」の信仰とはどのようなものでしょうか。宗教改革者の説教などをみると、この女の信仰に関して、ずいぶん厳しいことも言われています、主イエスのお言葉にも関わらず。確かにこの女は、ひどく医者から苦しめられ、全財産を失い、それでもますます悪くなるばかりでした(26節)。そこへ、様々な病を癒す主イエスがおられると聞いて、「せめて服に触ろう」とやってきただけです。まだ十字架と復活の前ですし、体系的な信仰の筋道など、何もありません。しかし主イエスは、この女に「あなたの信仰があなたを救った」と仰る。大事なことは、病の癒しではなくて、この女の信仰の中身に関わらず、主イエスが救いを宣言して下さることなのではないでしょうか。
 

2017年6月4日「教会が生まれる」使徒言行録2章1~11節

 今日は、講解説教を一回お休みし、ペンテコステによく読まれる箇所です。使徒言行録は、ルカの続編で、聖霊を授けられる約束と主イエスの昇天からはじまり、1章の後半では裏切り者のユダの代わりにマティアを選出します。弟子たちは、昇天から後、十日間、主イエスが既に父なる神のもとに戻られておられない中、祈りつつ、主の約束された聖霊を待っていました。そして五旬祭(復活祭からちょうど50日)の日、集まっていると、聖霊が降りました。1~4節。はじめに音、そして目に見える仕方で聖霊が降ります。
 当時エルサレムには、様々な国々から敬虔なディアスポラのユダヤ人が来て、住んでいました。自分たちの故郷の言葉で、福音・神の言葉が語られるのを聞いて驚きます。この後、ペトロの説教があって、41・42節。教会が生まれます。
 今日は、特に三つのことを申し上げましょう。まず第一に、教会は、人の業ではなくて、神の業です。弟子たちは、四十日間復活の主イエスと共にありましたが、それだけでは、教会は生まれません。主イエスの約束された聖霊が降ってはじめて、力強く、神の言葉が語られます。第二に、復活・昇天・聖霊降臨は、三つのことでありつつ(ルカがこのように描いたことが現在の教会歴のもとになっています)、一つだということです。神の灯火である主イエスを私達人間の罪は十字架で消しました。しかし神はこの主イエスを復活させて、今度は消えない灯火としました。主イエスは昇天によって神と共におり、聖霊降臨によって、約束通り、世の終わりまで私達と共にいて、喜びの知らせを語り続けて下さいます。更に第三に、私達教会の誕生はこのペンテコステに遡ります。それぞれの各個教会は、千年なり、百年なり、四十年なり、それぞれの教会としての歩みをしてきました。しかしどの教会も主の教会である限り、この聖霊降臨の日からはじまっています。

2017年5月28日「自分の家に帰りなさい」マルコによる福音書5章1~20節

Download

 今日の聖書箇所では、一人の人が癒されています。しかし場所ははっきりしませんし、福音書によって異なっています。「どこか」ということよりも、異邦人の地である(ユダヤ人の地ではない)ことが大切です。湖になだれこむ二千匹の家畜が豚である(ユダヤ人は豚を汚れた動物として飼うことも食べることもない)ことも関連しています。この癒された人は、現代で言えば、重い精神疾患でしょう。拘束することもできず、自傷行為を繰り返していたようです。しかし「悪霊にとりつかれていた」のは、この男だけではないのではないでしょうか。15~17節。この地方の人々がなぜ主イエスに出て言って欲しいと願ったのか。一つには「恐れ」でしょう(ルカ5章8節参照)。しかしそれ以上に、経済的損失の方が、一人の人が癒されることよりも大切でした。この一人の人ほど目立つ仕方ではありませんが、一人の人の命・生よりも、経済的なことを優先する発想は、明らかに悪霊につかれている姿ではないでしょうか。主イエスは、そのように主イエスを追い出そうとする人々に抗わないで、出て行きます。18節。この人の願いも無理はありません。今は正常に戻ったとしても、かつてのことを覚えている人々にこれからどんな扱いをされるか分かったものではありません。自分を悪霊の中から救い出して下さった主イエスについていきたいと願うのは当然です。しかし主イエスは許しません。19節。主イエスの召命は、常に「全てを捨てて私に従いなさい」ではないのです。この男のように、そこにとどまって、今まで省みなかった(省みることのできなかった)家族のもとに帰っていくことを求められる場合もあります。その結果、20節。断られた主イエスは去って行かれましたが、それでも力強く、福音は言い広められていきます。私達も、祈りの内に、自分の召命が何であるか、主イエスが私達にどうすること・どのように生きることを求めておられるのか、尋ね求めましょう。

2017年5月21日「まだ信じないのか」マルコによる福音書4章35~41節

Download

 今日から、主イエスの奇跡集です。4章の前回までの箇所が、多少文脈にむりがあってもたとえ集であったように、ここから5章にかけて主イエスの神の子としての不思議な業(主イエスが全知全能の神の子であることを受け入れれば矛盾も不思議もありませんが)が描かれます。
 35・36節。なぜ向こう岸へ?5章によると、向こう岸は異邦人の地ですから、異教の地へ向かおうということです。群衆から離れて休息をとるためとか、異邦人伝道のためとか、諸説ありますが、分かりません。ただ、「ほかの船」は、この物語で何の役割も果たしていないので、マルコがこの出来事を採用した古い物語では役割を果たしていたものがマルコの編集によって意味を失ったのかもしれません。37・38節。弟子たちの主要メンバーには漁師だった者たちがいます。船の素人だから怖いのではなくて、専門的な知識をもつ漁師でも怖くなってしまうような嵐の現実があります。船が水浸しになる、このままでは沈没してしまう。慌てふためく弟子たちと対照的な主イエスの姿があります。眠っておられます(継続的動作を表す時制が使われている)。後で風を静めた主イエスに驚く弟子たちの様子が描かれていますから、「主イエスを起こせば何とかしてくれる」と信じたのではなくて、「できることは何でもしよう」と、主イエスを起したのでしょう。39節。これが奇跡の中心ですが、この物語の中心は、その後の主イエスの言葉であり、弟子たちの反応でしょう。「まだ信じないのか」。これまでたくさんの主イエスの言葉を聞き、また癒しを目の当たりにしてきた弟子たちです。しかしまた、「主イエスがおられるから大丈夫」という主イエスへの信頼がありません。この物語は、私達に(めには見えなくても)共におられる主イエスを信頼することへと励ますと共に、それができなくても見捨てないで助けてくださる主イエスがおられることを示し私達を励ましています。

 

2017年5月14日「成長する種、からし種」マルコによる福音書4章26~34節

Download

 今日も、二つのたとえです。この二つはこれまでのたとえと異なり、はっきりと「神の国(支配)のたとえです。そしてこの二つのたとえの後に、4章全体のたとえ集を締めくくるようにして、33・34節があります。
 一つ目の「成長する種」のたとえは、マルコによる福音書で唯一、他の福音書にはないたとえです。26~29節。27節の「夜昼」という表現は、私達にはなじみがありませんが、ユダヤ教の暦では、夜から一日がはじまるので、暦の通りですし、また種蒔きは昼間しますから、その後、夜からはじまります。実際の農業では、様々な作業がありますし、災害などで一年間の努力が水の泡になることもあります。ですが(科学的な知識が増えた現代でも)やはり、「ひとりでに」というのは、説得力のあることですし、ここに強調点があります。自分(たち)の努力で何とかしようとする傲慢に対して、何よりも神の業だということを教えます。更に種蒔きが主イエス独自のものだと捉えれば、私達には収穫だけがあります。また、私達自身が主イエスに倣って種を蒔くならば、「ひとりでに」(すなわち神の業として)豊かな実りが約束されています。これは大きな励ましです。
 更に「からし種」のたとえ(30~32節)は、神の国がはじまりは実に小さくても、大きく成長することを表しています。教会と神の国を直ちに同一視することはできませんが、確かに教会は二千年の間に、はじめは地中海の東の、小さな国の小さな群れでしたが、今では世界中に広がっています。神に愛されていることを自覚し、神と人とを愛して生きようとする群れ、神の支配をまっすぐに受け入れる人々の群れは、これからも成長していきますし、私達は種蒔きを怠るわけにはいきません。

2017年5月7日「持つ人、持たない人」マルコによる福音書4章21~25節

Download

 今日は、ともし火と秤、二つのたとえです。これらもまた、種蒔きのたとえと同じように、様々な意味に読めますから、各自思い巡らしてみてください。ただ一つ、確実と思われるのは、文脈から、神の国(支配)のたとえ、神の国の福音のたとえです。主イエスは、「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい(1章15節)と、語りだしました。またこれは、主イエスがお語りになったことの纏めでもあります。誰も見たことがない神の国をどうしたら伝えることができるか、たとえです。一つ目は、「ともし火」のたとえです。21節。ここは、ギリシャ語では、「持って来る」ではなくて、「来る」です。ともし火が(足でも生えて勝手に)来ることはないのでこう訳したのでしょう。神の国の福音は、私達を照らすまことの光です。それを升や寝台の下に置く者はいない。燭台の上に置く。当たり前のことでありながら、私達の現実は、私達の弱さから、ともし火を隠してしまってはいないでしょうか。でも励まされます。22節。私達が隠してしまうとしても、必ずあらわに・公になります。聖霊が働きます。ただ一つのことだけを私達は求められています。23節。まっすぐに素直に聞き続けること、そこから全てがはじまります。更に、勧められます、24節前半。聞いている中身に注目し、思い巡らすことです。それを励ますように、24節後半。説教を聞くときにも、誰でも、自分の物差し・秤で判断しています。より大きな秤(それもまた神の恵みですが)で量ればより多く与えられます。しかも、自分の秤の小ささを越えて、更に多く神は与えて下さいます。25節は、経済学の世界でも言われることで、この原則を覆して平等実現のために政治があります。信仰に関しては確かにこの通りです。僅かでも信じる心・神の国への感受性があれば、ますます与えられて豊かな神の恵みを生きますが、全くない者は、神の恵みが分かりません。