これまでの説教

日本基督教団幕張教会 早乙女哲自牧師

2017年9月17日「あなたは、キリスト」マルコによる福音書9章27~30節

Download

 27節前半。このフィリポ・カイサリア地方というのは、新約聖書の世界の中で、最も水が豊かな地方の一つです。他には、ザーカイの出てくる出来事で有名なエリコなどもそうです。あまり水のない荒涼とした地域を旅しますと、私達水の豊かな所に生まれ育った者には、ほっとするような所です。そしてまた、当時のユダヤ世界では、北の外れでもあります。これから(十字架に掛かるために)赴くユダヤよりも、今まで活動の中心であったガリラヤよりも、更に北に位置します。恐らくはヘルモン山から溢れ出る水のせせらぎの音の中で、普段の活動領域から離れたところで、主イエスは弟子たちに尋ねます。最初は答えやすい問いです。27節後半~28節。主イエスが人びとからどのような方として受け止められているかを問います。弟子たちは、自分たちに責任のないことです、口々に答えます。「洗礼者ヨハネ」は、以前にヘロデの話として出てきました。更にエリヤは預言者の中の預言者です。「預言者の一人」というのは、当時既に預言者が現れなくなって久しかったので、特別な意味をもちます。次に主イエスは「ではあなたがたは?」と問います。人の話でなく自分のことですから、無責任ではいられません。弟子たちを代表して(ここが私達プロテスタントがカトリックとは決定的に異なる点の一つ)、ペトロが答えます。29節。「あなたは、キリストです(元のギリシャ語ではメシアでなく、キリスト、以前の口語訳聖書も)。これは油注がれた者という意味で、本来王・祭司・預言者、特別な使命のために選ばれて油を注がれた者です。しかし主イエスの時代には救い主として特別な意味を持つ言葉になっていました。弟子たちは、主イエスがどのようなキリストであられるのか、まだ分かっていません(次回のペトロ参照)。主イエスの十字架と復活によって、はじめて分かります。私達も「あなたは…」と問われています。その中身の理解がまだ曖昧でも、まず「キリスト」として受け入れる。そこから信仰がはじまります。

 

2017年9月10日「何か見えるか」マルコによる福音書8章22~26節

Download

 今日の箇所は盲人の癒しです。旧約聖書、イスラエルの伝統において、盲人の癒しは、終末のしるしです。ですから、この箇所が表現しているのは、主イエスがいらしたことによって終りの時が既にはじまっているのだということです。
 今日の箇所について、三つのことだけを申し上げましょう。まず第一に、前回との関連です。前回は弟子たちに対して主イエスが「まだ悟らないのか」と仰ることで終わっていました。どうすれば、主イエスと寝起きを共にしている弟子たちでさえ悟り得なかったことを悟ることができるのか。ただ主イエスが、神が、目を開いてくださるより他にありません。この盲人は、主イエスが癒して下さることで、見えるようになります。弟子たちも、また、私達も、自分の力で見えるようになるのではなくて、ただ主がそうして下さることによってそうなります。第二に、この癒しだけが二段階です。23~25節。そのことが、主イエスが一度では癒せないように見えるということで、マタイやルカがこのエピソードを採用しなかった理由だとも考えられます。しかしマルコは、二段階で癒されるこの盲人によって、弟子たちもまた、二段階(次回のキリスト告白の段階と、主イエスの十字架と復活の後)が必要だと象徴的に表現しています。私達の信仰もまた、そうなのではないでしょうか。二段階どころか、繰り返し、新しく聖霊の働きによって、主イエスから教えられて、私達の信仰は育っていきます。そこで大切なことは、私達の努力や成果ではなくて、主イエスがして下さっているという事実です。第三に、沈黙命令のモティーフが今まで以上に厳格になされていることです。26節。私達もまた、主イエスから、「何か見えるか」といつも問われています。その問いに正直に答える中で、更に主イエスが手を当てて更に見えるようにして下さる現実を喜びましょう。

2017年9月3日「まだ悟らないのか」マルコによる福音書9章1~21節

Download

 今日の箇所は三つの部分からなります。最初は一番長い四千人の給食、二番目はファリサイ派の人びとの要求と主イエスの拒絶、三番目がパン種に気を付けなさいという警告です。この三つが、マルコによって密接に結び付けられて語られます。まず最初の四千人の給食は、6章の五千人の給食との関係が議論されています。幾つかの相違があります(人数、食べ物の数、籠の種類など)が、とてもよく似た出来事です。かつては寓意的解釈がよくなされましたが、今はそのまま読むことが多いです。その場合、二つの立場があります。一つは、給食の奇跡は一回だけで、伝わり方によって二つになって、マルコがその両方を伝えたのだというものです。根拠は、4節の弟子たちの言葉です。もしも五千人の給食の後であるならば、ここまで無理解なのはおかしい、以前にあったことを弟子たちの誰かが思い出すはずだというのです。しかし今日の箇所では、ファリサイ派の人々などの「外の」人びとの無理解と、弟子たち「内の」人びとの無理解がテーマですから、無理解な弟子たちをはっきりと描き出すためだと捉えることもできます。すなわち、二つ目の立場は、実際に二回の(あるいはそれ以上の)給食がなされ、それでも弟子たちは分からなかったという立場です。事実がどうであれ、マルコは19・20節のように主イエスが問う形にしているので、事実二回だったという立場です。二つ目の箇所は、ファリサイ派の人びとの、「試そうとする」「求める」(11節)姿勢の傲慢さ、不信仰があります。神を押し退けて、自分が裁く立場、判断する立場、神の立場にいます。三つ目の箇所は、弟子たちの無理解・鈍感さが際立ちます。14~16節。主イエスの「よく気を付けなさい」の意味が全く分かっていません。17・18節は、主イエスの叱責の言葉です。そして19節から、給食の奇跡を思い出させて、「まだ悟らないのか」(21節)という主イエスの言葉で終わります。これほどの奇跡を目の当たりにしてきた弟子たちが、それでも悟らない。だからこそ、主イエスは十字架に死ななければならなかったのです。

2017年8月27日「主イエスのなさったことは」マルコによる福音書7章31~37節

Download
 前回(先々週)は、シリア・フェニキア生まれの女でした。それ以前に出てきましたファリサイ派や律法学者の人々の間違いや、群衆と弟子たちの無理解が際立つ、必死だけれども謙遜で、ウィットに富んだ女の応答でした。今日の箇所は、これまでの箇所を纏める箇所です。また、前回の出来事の結果、主イエスがイスラエルだけではなくて異邦人のためにも神から遣わされているのだという、新しい自覚に呼応しています。31節。地図を開いていただければすぐ分かることですが、ガリラヤ湖に戻ってくるのにずいぶん遠回りをしています。マルコがこの地域の地理に疎いのでこうなってしまったという解説もありますが、むしろ、異教の地域を廻ってきたと読みましょう。しかも最後はデカポリス地方です(豚の大群の話を思い出して下さい)。主イエスの評判はイスラエルの枠を越えて広まっていますから、32節。願いは、手を置くことだけですが、主イエスはそれ以上のことをなさいます。33~35節。丁寧に触って、言葉も。この出来事は、イザヤ書35章との関連が指摘されています。
 次は、これまでに何回もでてきました、沈黙のモティーフと、それにも関わらず広まっていく事実です。36節。今日の聖書箇所最後の37節は、マルコ以前の出来事集のまとめの言葉でもあったと推測されています。勿論、救いの達成は主イエスの十字架と復活まで待たなければなりません。更に、今も私達は救いの完成を心待ちにしています。しかし主イエスが来て下さったことで、終り・終末の時、救いの時は既に今、はじまっています。私達は、37節にその喜びをみますし、私達もまた、この喜びを共にして生きます。「この方のなさったことはすべて、すばらしい」。

2017年8月20日「信じること、生きること」フィリピの信徒への手紙2章1~11節 國安敬二

Download
 私たちは誰でも一人で生きて行く事はできません。人は家庭をつくり、社会をつくってその一員として、共同体の中で生活するものです。それゆえ、人々は互いにその存在を認め、尊重し合って「共に生きる」ことによって、その共同体はその社会に貢献し、その役割を果たす事が出来るのです。
 そこには、個人としての人格的に自立し、隣人への愛と信頼と尊敬の念をもって共同体を形成することによって、人々は平和をつくり出す事が出来
るのです。
 何か些細な事から信頼関係が揺らぎ、人々の間で争いが起こり、平和がくずれると、その関係を修復し信頼関係を正常にするためには、長い忍耐と努力が必要となります。
 長い歴史の中で世界の人々は、戦争と平和とをくり返し継続しながら、世界の秩序を、今日の世界に、ともかくも築いてきたのでした。私たちはその歴史の中から多くを学ばねばなりません。
 今日、世界の人々が「生きる」という事は、人々が互いに「信じ合う」ように、心の一致と協力へと、向かわねばなりません。それが今日の教会の最も中心的な使命でありましょう。國安敬二

2017年8月13日「主イエスをも動かす信仰」マルコによる福音書7章24~30節

Download 

 前回までは、イスラエルの民の話でした。主イエスが、「汚れ」とは何かについて丁寧に教えても弟子たちさえ理解しません。今日の箇所は対照的に、異邦の女、シリア・フェニキアの生まれのギリシア人の女です。24~26節。病気の子どもを持つ親の思いは、大変なものです。悪例にとりつかれているとしか表現できない子どもの病にこの母親はうちのめされていたことでしょう。何とか主イエスに癒して欲しいと願い、主イエスの前にひれ伏します。しかし主イエスの言葉は厳しい。27節。この主イエスの言葉は、主イエスの、神から「誰に」遣わされているかという自覚を正確に表しています(その後の女の反応を引き出すためだととる必要はない)。しかしこの女は引き下がりません。28節。この言葉が実に見事です。主イエスの仰ることを全く否定せず、自分の幼い娘を癒す可能性を示します。最後、29・30節。「それほど言うなら」は、以前の口語訳の「その言葉で十分である」や文語訳「なんぢこの言によりて(安んじ)往け」の方がよいでしょう。
 主イエスはこの女の信仰のどこに、自分の使命感を広げる(もはやユダヤ人にだけ遣わされているのでなくて、異邦人のためにも自分は遣わされている)ほどのものをみたのでしょう。三つのことを申し上げましょう。まず第一にこの女の信仰は、(私達がついしてしまいがちな神を脅す信仰ではなくて)ひれ伏した、へりくだったものであったことです。25節でひれ伏した後、女はひれ伏したままで主イエスと語らう。「自分(の娘)は、癒されて当然だ」という傲慢な態度ではありません。しかしまた第二に、この女には、主イエスに対する信頼が溢れています。食卓から落ちたパン屑ほどの恵みでも、癒し・救いに十分だと信じています。そして第三に、何とかして欲しいという必死さが、このウィットに富んだ言葉になっています。私達も、主イエスの前にひれ伏す信仰を生きましょう。
 

2017年8月6日「人を汚すもの」マルコによる福音書7章14~23節

Download

 前回と今回は(一度に取り上げることも多い位)密接に結びついています。最初に問うた「なぜ汚れた手で」という問いには、「清さと汚れ」という問題があります。汚れは外から来るもので、それを防ぐために手を洗うなどします。主イエスは、そういう発想(人間は本来その内側は汚れていない、外から来る汚れを防げばよい)を真正面から否定なさいます。15節。多くの宗教にはタブー(禁忌)があり、食物規定はその中核をなすものです。しかし主イエスは、本当に人を汚すものが何であるか見抜いておられます。弟子たちが(群衆に語られた言葉を理解しないので)主イエスは弟子たちに向かって、更に詳しく語られます。17~21節前半。説明が必要なのは、19節でしょう。全ての食べ物は、神が造られており、清いのです。しかしこのことは、使徒言行録10章をみれば分かるように、主イエスの一番身近にいた弟子たちでもなかなか理解できないことでした。
 今日は、平和聖日です。多くの戦争は、「平和のために」という名目ではじめられました。日本でもドイツでも。更にアメリカの原爆も。なぜ皆が平和を求めながら、戦争になってしまうのか。大勢の人を殺してしまうのか。人々の心から、悪い思いが出てくるからです。為政者を先頭に、しかし為政者ばかりではなくて、多くの国民(情報操作によって騙されていたとしても)が、後で冷静になればおかしいと分かるような、悪い思いにとりつかれてしまいます。21節後半~23節。私達はこの悪の現実、私達の悲惨な現実の中でどうしたらよいのでしょう。私達は私達の力で、人を汚す悪いものから身を守ることはできません。ただ外から私達にやってくる神の言葉、聖霊によって、私達は清くされます。主イエスは、そのために十字架の死を死んで下さいました。ここから出発するしかありません。