これまでの説教

日本基督教団幕張教会 早乙女哲自牧師

2018年4月22日「気をつけていなさい」(マルコによる福音書13章14~27節)

Download

 前回から講解説教に戻りまして、主イエスと弟子たちとは神殿の境内から出て行かれます。そのとき、神殿に対する弟子の一人の驚嘆の言葉に応えて、主イエスは神殿の崩壊を予告しました。その主イエスの言葉をきっかけにして、このマルコ福音書で最も長い主イエスの言葉が語られます。前回は、その最初の部分として、「最後まで耐え忍ぶ者は救われる」。今日はその続きとして終末の出来事が語られます。しかも、23節。一部分ではない、必要な全てのことが語られます。まず、14節の「憎むべき破壊者が建ってはならない所に立つ」とは一体何でしょうか。既に起こっていたこと、あるいは皇帝カリグラのこと、つまり神殿に神を信じないで神を自称する者が立つことが、歴史的には想定されます。しかしそれ以上に、このときこれから起きようとしていること、主イエスの十字架の出来事を思うことができます。さらにそれは、21・22節。十字架の出来事だけではなくて、それ以降も偽物が現れる。神様が縮めては下さるものの、今までにない苦難が来る。19節。しかし私達は希望をもって、この大きな苦難の時を待っていてよいのです。なぜならば、このような苦難の後には、人の子、主イエス・キリストが来られます。24~27節。地上での様々な災厄だけではなくて、天体の全てを揺り動かすほどの出来事が起こります。でもそこで、わたしたちは人の子が大いなる力と栄光を帯びて雲に乗って来るのを見ます。私達信じる者だけではなくて、全ての者が見ます。終末の預言などと申しますと、恐ろしいイメージがつきものですが、私達は主を信じる時に、人間的な恐れでもって終末を迎えるのではなくて、喜びをもってそのときを思い描くことができます。ただ一つ、私達がこの希望にしっかりと立つことを邪魔して惑わそうとするものに気をつけていることが大切です。この最後の丁寧な主の言葉から学んで、気をつけて生きましょう。

2018年4月15日「耐え忍ぶ」(マルコによる福音書13章1~13節)

Download

 今日から講解説教に戻ります。この13章は、ヨハネの黙示録に対して、小黙示録と呼ばれています。全体で一纏まりなのですが、今日はその最初の所です。まず主イエスは、今まで論争し教えてきた神殿の境内を出て行かれます。そのとき、弟子の一人が言います、「先生…」。主イエスは答えて言われます。2節。これは大変なことです。私達は既に第二次ユダヤ独立戦争を知っていますから、それが世の終りでも何でもないことを知っています。しかし弟子たちは、主イエスが世の終わりを語っていると感じたことでしょう。3・4節。オリーブ山は、エルサレムの向いの山で、エルサレム全体を見渡せる位置にあります。四人の弟子たち(最初からの弟子たち)は、先程の主イエスの預言の言葉の意味・時期・徴を知りたくて、尋ねます。それに対して主イエスが語られる言葉が、この章の終りまで続きます。まず主イエスが仰るのは、色々なことが起こるけれども、まだ世の終わりではない、ということです。5~7節。主イエスはこの箇所で、一貫して「気をつけなさい」と弟子たちを諭します。気をつけなければならないような現実が起こる。まず、主イエスの名を名乗る偽キリストが現れる、また戦争が起こる。でもそれは世の終わりではない。更に、8節。戦争だけではなくて、飢饉や地震も起こる。でもそれは、産みの苦しみの始まりであって、まだ世の終わりではない。9~11節。様々な天災や人災だけではなくて、弟子たち自身が世の権力者の前で語らなければならなくなる。でも、聖霊が語るので心配はいりません。更に、そういう出来事も全て、福音があらゆる民、全世界に宣べ伝えられていくために用いられます。弟子たち・私達は、様々なこの世界の出来事に惑わされないで、自分自身のことに気をつけます。なぜならば、大切なことは、何が起ころうが私達がしっかりと信仰に立って生きることだからです。最後、12・13節。この福音書が書かれた頃、既にネロの迫害をはじめ、様々な仕方で、教会は迫害を受けていました。だからこそ、「耐え忍ぶ」こと、しっかりと立ち続けることが必要です。

2018年4月8日「信じなかった」(マルコによる福音書16章9~13節)

Download

 今日は、前回の続きの箇所です。次回から講解説教に戻ります。前回丁寧にお話ししましたように、本来のマルコ福音書は8節までで終わっています。しかし結びがないということで、9節以下が書き足されました。ただし、好き勝手に誰かが書いてみたのではありません。既にそのころ、主イエスの復活の話として広く知られていた出来事から、この記事を書いた人が特に強調しようとしたことを加えました。例えば一つ目の記事、9~11節では、16章1節からの記事に出てくるマグダラのマリアが、まるでここではじめて出てくるかのように紹介されています。前の記事では三人いたので、一人を紹介するのは不自然であったけれども、この箇所ではマグダラのマリアだけが出てくるので9節後半のような紹介をしたのだと読むこともできます。9節。しかし別の記事であったと読む方が自然でしょう。10節。彼女は、きちんと知らせました。しかし、悲しみに閉ざされた人々は彼女の言うことを信じません。11節。
 更に、明らかにルカによる福音書のエマオへの途上での出来事の要約と思われる記事です。12・13節。ここも信じないという結果に終わっています。ルカでは異なる形になっていますので、この「信じなかった」ことが、この付加の特徴・付け加えたかったことです。「信じなかった」。全体の結論は、14節以下の記事、主イエスが不信仰とかたくなな心をおとがめになったこと、そしてその後の出来事をみなければなりません。しかしこの箇所までで読んで分かることは、最初の弟子たちの復活の告知に対する反応は、「信じなかった」ことです。自分に現れるまでは信じることができません。私達もそうではないでしょうか。(目には見えなくても)復活なさって今も生きておられる主イエスと出会って、私達は信じる者にして頂きます。その信仰すら、私達が自分の力でなすものではなく、与えられます。

2018年4月1日「恐ろしかった」(マルコによる福音書16章1~8節)

Download

 イースター、おめでとうございます。
 今日は、何章か飛ばしまして、このマルコによる福音書の復活の記事です。今日は特に三つのことに注目しましょう。
 まず第一に終り方です。9節から後に鍵各個がついていることから分かりますように、この箇所で本来のマルコによる福音書は終わっています。8節。この三人の女性たちは、若者(神の使い)から復活の告知を受けたのですから、大喜びしても良かったはずです。しかし正気を失うほどに恐ろしかったのです。勿論、この後正気に帰って、復活の出来事・天使に告げられたメッセージを伝えたことでしょう。しかし最初は、とにかく恐ろしかった。このマルコによる福音書の終り方があまりにも唐突だということで、以前は最後が失われたのではないかと推測されました(写本の巻物ではよくそういうことがある)。だからこそ、9節以降が後に付け加えられたというのです。しかし今は、事実マルコは8節で筆を置いたのだと捉える人が多くなりました。復活という神の御業は(6節の「復活なさって」は正確に訳せば「復活させられて」です)、私達人間の理性や理解を越えた出来事であり、本来、復活に接するならば、恐れこそが自然な反応です。そしてこの福音書はここで閉じられていません。使徒言行録がそうであるように、この先に弟子たち、そして私達の物語が続いていく、だからマルコは敢えてこのように福音書を終わりました。
 第二に、天使が語る言葉の中身から、空の墓です。6節。ここで女性たちが示されたのは、復活なさった主イエスではなくて、墓にはおられないという事実です。第三に、「ガリラヤへ」です。7節。主イエスと弟子たちの活動の主な場所であったガリラヤに主イエスは先立って行かれる。無理解でどうしようもなかった(逃げ出した)弟子たちが、十字架によって全てを赦されて、新しく歩みだします。しかしその歩みは常に主イエスが先立ち行かれます。私達の恐れを越えて。

 

2018年3月25日「貧しいやもめ」(マルコによる福音書12章35~44節)

Download

 前回、幾つかの論争の出来事が終わりました。最後は、「もはや、あえて質問する者はなかった」。今日は、主イエスの方から語りだします。三つの部分からなります。三週かけて語ることもできますが、今日で受難節の礼拝も最後です。まとめて取り上げてみます。最初の部分は、メシアはダビデの子(子孫)なのかという問題です。ダビデ自身がメシアを主と呼んでいるではないか。その答えは、パウロの書いたロマ書の最初をみれば分かります。主イエスの意図は、自分が王となる王国は、この世界のもの(彼らが期待するもの)とは全く異なることを暗に示そうとなさいました。第二の部分は、律法学者です。とても厳しい言葉ですが、人ごとではありません。律法学者も最初は、聖書の専門家として、正しい意図から活動したはずです。それが偽善の罠に落ちていきます。何が問題なのでしょうか。それは、神の眼差しに最も生きているはずの者が、人の眼差しに生きるようになってしまうことです。それとは正反対に、41節からのやもめは、生活費を全部入れます。41~44節。主イエスが、献金の額の大きさを問題にするのではなくて、その思いを大切にしておられることがよく分かります。大勢の金持ちは、有り余る中から、自分の生活は大丈夫なところで献げていますが、このやもめは、全てを献金します。レプトン銅貨二枚というのは、ごくわずかなものですが、それでもレプトン一枚を献げて、残りを生活のためにとっておくこともできたのです。ここで主イエスは何を弟子たちに伝えたかったのでしょう。「このやもめを模範としなさい」ということです。しかしそれは決して、自分の所有物を全て差し出しなさい(それは金持ちの青年には必要なことでしたが、誰でもあてはまることではありませんし、怪しげな新興宗教と同じです)ということではなくて、神との正しい関係に生きるように勧めており、そのために主イエスは十字架に死んで下さいました。

2018年3月18日「一番大切な掟、愛」(マルコによる福音書12章28~34節)

Download

 今までの二つの議論は、主イエスに対する敵意・悪意に満ちたものでした。しかし今日の律法学者はそうではありません。28節。「立派な」というのは、マルコ記者と共にこの律法学者の評価でしょう。彼の問いは、当時の掟だらけのユダヤ教では尤もなものでした。律法の何もかもを覚えて守るというのは専門家でもなければ、一般の庶民には難しい。だから、簡単にまとめるとどういうことになるのかというのは、大切な課題です。主イエスはお答えになります。29~31節。「第一」を問われているのに、神を愛することと隣人を愛することの二つを主イエスは答えています。ここで大切なことは、二つの愛が一つだということです。どちらか片方だけというのでは、神の掟として十分ではありません。神だけというは、抽象化してしまいます。また人だけというは、愛の根源である神が抜けてしまい、これもまた逆の意味で抽象的です。この二つの愛について、今日は三つのことを申し上げましょう。まず第一に、愛は、感情ではなくて行為です。第二に、隣人への愛において大切な「自分のように」の意味です。私達は、自分が自分を愛するのは当然のことだと勘違いしていないでしょうか。「神に愛されている自分」においてだけ、自分を愛することもまた真実になり、そこでだけ、隣人を自分のように愛することができます。ただし第三に、私達は愛することができない自分の罪に気が付く必要があります。だからこそ、主イエスは神の子でありながら、十字架に死んで私達を赦します。そうして私達は、「神を愛して隣人を愛する」喜ばしい生を生きます。
 律法学者は言います、32.33節。ここで献げ物がどうでもよいと言っているのではありません。神への愛として献げられるのでなければ意味がありません。最後に、34節。「遠くない」の意味が様々に議論されていますが、私は単純に主イエスからの招きの言葉だと思います。最後の一歩を踏み出して、救い・神の国へ来なさいという励ましと招きの言葉なのです。

2018年3月11日「生きている者の神」(マルコによる福音書1章12~17節)

Download

 前回は、皇帝への税金の問題でしたが、主イエスは税金問題というこの世的な浅い問いから、(主イエスを窮地に陥れようとする策略の問いであったにもかかわらず)見事にもっと深い根源的なことを教えて下さいました。今日の箇所でも、復活はあるかないかというテーマから、復活の出来事の深い意味と根拠、また神と私達信仰者の関係にまで話を深めて下さいます。まずサドカイ派の人々が来ます。18節。復活はないと主張するのには根拠があります。彼らはモーセ五書のみが聖書であると主張していました(当時はまだ正典は確定していなかった)。そしてそこには、復活が記されていないのだから、復活はないという主張です。それに対して、ファリサイ派の人々は、モーセ五書以外も正典とし、更には律法の解説に当たるものも大切にしていました。だから復活はあります。彼らの持ちかけた議論は、当時既にサドカイ派とファリサイ派の人々の間で定番になっていた議論です。19~23節。ファリサイ派の人々の答えも、例えば、最初の夫の妻になるのだなどと決まっていました。主イエスがファリサイ派の人々と同じように答えるならば、そこから先の議論も今までの両派の議論と同じようなものになっていったでしょう。
 しかし主イエスは全く異なることを答えます。24節。聖書も神の力も知らない。彼らにとってはこれ以上はないほどの侮辱です。その意味は、25節。この言葉を以前みたときには、ずいぶん淋しい話だと感じました。しかしそうではなくて、全ての者が神にあって、この世界で一番深い関係である夫婦の関係よりももっと深い絆で結ばれるということです。最後に主イエスは、サドカイ派も認めるモーセ五書から復活があることを論証します。26.27節。生きている者の神なのだから、アブラハム、イサク、モーセも生きる。私達も同じです。たとえこの世界での死を迎えても、神との関係において私達は生きる。この神との関係性こそが、復活の根源的な意味です。