これまでの説教

日本基督教団幕張教会 早乙女哲自牧師

2017年12月17日「神の言葉はとこしえに」イザヤ書40章1~11節

 今日はアドベント最後の礼拝ですので、講解説教をお休みして、アドベントに比較的よく読まれる聖書箇所です。第二イザヤの最初です。バビロン捕囚の辛い厳しい現実の中にいる人々に対して、慰めが語られます。1~5節は、素直に慰めと励ましの言葉です。それに対して、この呼びかけに対して、預言者第二イザヤが答えます。6・7節。ここで預言者は、バビロン捕囚の中で苦しんでいる、絶望している民と共に神に抗います。イザヤもエレミヤも、最初の召命の時には抗いました。第二イザヤもそうです。ただ第二イザヤの特徴は、この箇所にしか、個人的なことが何も出てこない(これ以降は全て預言者本人の姿は隠れてしまう)ことです。そして人間的には絶望しかない状況の中で、しかもこの絶望が単に自分たち捕囚民の絶望ではなくて、人間存在全ての絶望であることが示される中で、しかし人間に根拠を置かない希望の根拠が示されます。8節。私達人間の中に根拠を持つ希望は全て虚しい。これは冷静に考えれば、事実です。私達は、バビロン捕囚の人々に比べればはるかに恵まれた状況にありますが、それでもそうです。しかし神の言葉はとこしえに立つ。神の言葉は、むなしく戻ることはないのです(55章11節)。とこしえに立つ神の言葉が、この絶望的にも見える世界で、とても具体的に働いています。だから私達は希望があります。9~11節。よい知らせが伝えられるべきです。神が力を帯びて来られ、御腕をもって統治されるのですから。神の言葉の具体的な人としての現れがイエス・キリストです。私達は、この世界にみどりごとしてお生まれになった神の言葉のゆえに希望を生きることができるし、その事実を宣べ伝えていきます。

 

2017年12月10日「従う者への報い」(マルコによる福音書10章23-34節②)

Download

 前回も同じ聖書箇所で、「神は何でもできる」に集中しました。金持ちには、永遠の命・神の国は難しいけれども、「神は何でもできる」ことに希望があります。この主イエスと弟子たちとの対話の直後に、弟子たちを代表してペトロが言い出します。28節。悲しみながら立ち去った金持ちの青年と自分たちは違うという思いでしょう。主イエスは思い違いをしているペトロ(弟子達)をいさめることもできたでしょう。しかし、大いなる報いを約束なさいます。29~31節。まず注目したいのは、後の世での永遠の命(30節)の約束だけではなくて、「今この世で」、(迫害も予告されますが)、百倍の約束があることです。二千年以上のキリスト教の歴史において、この主イエスの約束は実現したのでしょうか。確かに大勢の方々が迫害によって殉教しています。それでもなお、私達はキリスト者・信仰者の実感として、この主イエスの約束は実現しているといえるのではないでしょうか(二コリント6章1~10節参照)。この主の約束は、実現しています。ただし、三つのことに注目しましょう。まず第一に、「わたしのためまた福音のために」(29節)です。第二に、捨てる方には「父」がありますが、受ける方には「父」がありません。第三に、先と後の逆転(31節)です。
 そして主イエスは、「殺される」という明確な目的をもって、エルサレムへ行かれる。先頭に立って。32節前半。そして三度目の(記事として三度目であって恐らく主イエスは何回も語っておられる)受難と復活の予告を語ります。32節後半~34節。この十字架と復活こそが、主イエスの従う者への約束の根拠であって、全てを捨てて従う者がその功績のゆえに報酬を与えられるのではありません。さあ私達も主イエスに従いましょう。

2017年12月3日「神は何でもできる」(マルコによる福音書10章23~34節)

Download

 前々回、前回と二回、直前の「金持ちの青年」の箇所でした。彼は寂しく去っていきました。その後主イエスは弟子たちに語ります。23節。これは当時の常識とは異なる言葉でした。だから弟子たちは驚き、主イエスは更に言葉を続けます。24・25節。「らくだが針の穴を通る」は、様々な「もっと読みやすくする」解釈がなされました。しかし私達は、このままに、つまり全く不可能なこととして読むべきでしょう。弟子たちは、26節。(当時の常識では)神から愛されているはずの金持ちでさえも神の国に入ることができないとしたら、いったい誰が?弟子たちの率直な感想です。主イエスは、(金持ちの青年の時と同じように)弟子たちを見つめて仰います。27節。この後のペトロの主張と主イエスの答え、また三度目の受難予告は次回にみます。今日は、「神は何でもできる」に集中します。私達は、この金持ちの青年と同じでしょうか。日本国内の相対的な意味でいえば、皆さんの中には金持ちの方もそうでない方もおられるでしょう。しかし地球全体でみれば、私達は皆、(飢えに苦しむことなどないのですから)金持ちです。この箇所について、パウロのローマの信徒への手紙3章のように、「正しい者はいない。一人もいない」という意味にとって、「誰でも」と読み取る方もいます。確かに、富に限らず、神ではないモノに、神の如くに頼る罪という点では、誰でもそうです。しかしまた、そのように厳しく読むまでもなく、「財産のある者が…」と言われた時に、私達の殆どは、その中に入るのではないでしょうか。しかし、「神は何でもできる」のですから、私達はこの神にのみ、まっすぐに頼りきる時に、神の国・永遠の命は、近いのです。

 

2017年11月26日「本当にすべきこと」マルコによる福音書10章17~22節

Download

 今日は前回と同じ聖書箇所です。前回のお話で、永遠の命を受け継ぐ(神の国に入る)ためには「何をすればよいのか」という問い自体が間違っていることを語りました。子どもたちは何の功しなく、神の国に相応しい。では私達もまた何もしなくてよいのでしょうか。この人は、たった一つのことを主イエスから求められました。21節。これも律法主義的に、「ねばならない」と読んでしまってはいけません。私達キリスト者には、全てのことが自由(一コリント10章23節)です。律法として読むと私有財産制を否定することになります。しかし実際には、カファルナウムにはペトロの家がありました。使徒言行録によれば、初期のキリスト者共同体・教会は、共産制度だったようですが、すぐに変わっていきます。この財産放棄(厳密に言えば単なる放棄ではなく、貧しい人々に施すことで天に富を摘むこと)の命令は、この人のために必要なことでした。主イエスはここで、この人のことを見つめて、また愛して、このように命じられました。彼には、幼子のように神にのみ依り頼ん生きるために、彼のたくさんの財産が邪魔をしていました。主イエスはそれを見抜いて、こう仰ったのです。しかし結論は残念なことに。22節。21節の命令・この箇所を私達は割り引いて読んではなりません。主イエスに従うことは、やはり、とても厳しいことです。自分が頼ってしまうようなもの、財産・才能・人間関係、全てを投げ打って主イエスに従う覚悟がいります。しかしまた、主イエスはこの人は愛されました。この人をじっと見つめました。そのとき主イエスは既に十字架を意識しておられたと思います。彼の、全てを棄てて主に従おうとできない罪もまた、ご自身が十字架に掛けて滅ぼす。主イエスの眼差しがそのことを語っているのではないでしょうか。最初の問い、「私達もまた何もしなくてよいのでしょうか」の答えがここにあります。主イエスの十字架のゆえに、私達は何もしなくてよい、神の国・永遠の命に招かれている。そして私達はただこの招きにまっすぐに応える時、自分の十字架を負う歩みがなされます。

 

2017年11月19日「何をすればよいのか」マルコによる福音書10章17~22節①

Download

 結婚(離婚)のこと、子どものこと、富のこと、三つのテーマが続きます。今日は三つ目、富のことです。この箇所について、今日と次週の二回見て、その次のまとめの箇所も二回味わいたいと思います。主イエスが子どもたちを祝福なさった後、旅に出ようとなさると、「ある人」(マタイでは、金持ちの青年、ルカでは金持ちの議員、マルコでは金持ちであること以外は分からない)が走り寄ってきます。17節。永遠の命を受け継ぐとは、神の国に入ることです(23節参照)。現代の社会が刹那的で、本当に大切な永遠よりも今のことだけをみるのに対して、永遠の命を大切に思うのはすばらしいことです。しかしこの人は、(前回にも少し触れましたように)「何をすれば」という観点からみてしまっています。既にそこに問題があります。前回の祝福を受けた子どもたちは、何か神の国に相応しいことをして、主イエスに祝福して頂けたのでしょうか。そうではありません。「何の功しなく」ただ主イエスは祝福なさったのです。「何をすれば」と問うた所で、既に彼は間違いを犯しています。主イエスは、しかし、答えます。18・19節。18節は、ただおひとりの善い方、神へと眼差しを向けさせます。これは、子なる神の否定ではなくて、子なる神を通して父なる神が示されています。主イエスは、既に知られている掟を確認するだけです。そこでは二つのことがなされません。まず第一に、この人が求めているような「更に高い規範」を与えません。また第二に、この人が「何をすれば」と問うてしまう時に起こる、根源的な誤解を解くことをしません。それは言葉で説明して分かることではなくて、主イエスに従う歩みの中で分かる事柄だからでしょう。20節の彼の答えは、彼ばかりでなくて彼の保護者も敬虔な人々であったことを示します。このことから、「傲慢」を読み込むよりは、「金持ちであることの優位性」を読みましょう。確かにお金・財産があることは、大切な・有利なことです。しかしそのためにこの人は、神ではなくて財産に頼ってしまいました。主イエスは彼を見つめます。愛します。財産ではなくて、この主の眼差し・愛に生きる時に、この人もまた神の国へ招かれていることが分かります。

2017年11月12日「神の国を受け入れよう」マルコ10章13-16節

Download

 結婚(離婚)のこと、子どものこと、富のこと、三つのテーマが続きます。今日は二つ目の子どものことです。まずこの箇所には、主イエスの憤りが描かれています(マタイやルカでは省かれている)。何を見て主イエスは憤られたのでしょうか。13節。子ども達を連れてきた「人々」は、誰だか分かりません。弟子達は、既にエルサレムへの途上にあって(32節で明確になりますが)、主イエスの緊張感を感じていたのでしょう。もはや子どもにかまっている場合ではない、そう判断して、主イエスのために、子ども達を遠ざけようとします。しかしそれは主イエスの御心に適うことではありません。だから主イエスは仰います。14・15節。そして子ども達を祝福します。16節。
 この箇所からまず分かることは、主イエスが(当時は半人前として大切にされてはいなかった)子ども達を受け入れる方であるということです。また、神の国・天国に入ることができるのが、どのような者であるか、ということです。まず14節では、「神の国はこのような者たちのもの」と語られます。そしてすぐに続けて、(はっきり、アーメンと強調して)「子どものように神の国を受け入れる人」と仰います。子どものように受け入れるとは、どういうことでしょうか。純真無垢ということではありません。大人になると、自分が子どもの頃のことを忘れて、勝手に子どもに対してそういうイメージを持ちがちですが、そうではありません。誰かに頼らなければ生きることができない、弱い存在です。そして、次回の金持ちの男が「何をすれば」と入り口で間違えてしまったように、何かをして天国へ入ろうという姿勢・心持ちを最初から持たないことです。今日、私達は永眠者(召天者)記念礼拝としてこの礼拝を神に献げています。信仰の先達方は、自分で努力して理解して洗礼を受けたから、その業績によって神から認められて天国に入れるのではありません。自分の力では神の国に入ることができないことが分かったからこそ、子どものように主イエスを神の国を受け入れて、神の国に受け入れられました。

 

2017年11月5日「神が結び合わせたものを」マルコによる福音書10章1~12節

Download
 

 今日の箇所から、結婚のこと、子供のこと、富のこと、三つのテーマが続きます。この全体を流れる主イエスの教えについては将来触れることにして、今日はこの箇所から学ぶことに注目します。まず1節で、状況の設定がなされます。ファリサイ派の人々はイエスを試そうとして尋ねます。2節。ここで彼らが問題にしているのは、離縁です(しかも夫が一方的に)。主イエスは答えないで問い返します、3節。彼らは誰もがよく知っていることを答えます。4節。ここで主イエスは、「モーセの律法に従うがよい」と彼らをいなすこともできたでしょう。しかし弟子たちの薫育のために、結婚の意義を語ります。5~9節。ここで主イエスは、ファリサイ派の人々の問いに対して、意図的に論点をずらしています。ファリサイ派の人々は、神の掟・律法の中で、何をすることまでが「許されている」かを問いました。律法主義的な発想です。それに対して、主イエスは、神はそもそも初めから、どのように定めておられるか、私達はどのような神の恵みの意志の下にあるのかを答えました。この箇所から(家に戻ってからの弟子たちとの会話も含めて)、律法主義的な掟を読んでしまっては、読み誤ります。主イエスが語っておられるのは、「そもそもどうなのか」です。私達はこの主イエスが示してくださった「神の定めたもう現実」と「自分たちの現実」を引き比べるときに、私達の罪の現実を自覚せざるを得ないのではないでしょうか。だからこそ主イエスは、十字架に掛かるという仕方でその罪を全て滅ぼして、私達が本来の神の恵みを生ききることができるようにしてくださったのです。LGBTのこと、プロテスタントで離婚をどう理解しているか、実際に離婚しておられる方が語られる福音の恵みに深い洞察を示されることなど、語るべきことは多くあるのかもしれません。しかしまずあなたが、主イエスの、律法主義的ではなくて、神の恵みからの見方を身に付けていただければと、願います。