読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これまでの説教

日本基督教団幕張教会 早乙女哲自牧師

2017年5月21日「まだ信じないのか」マルコによる福音書4章35~41節

Download

 今日から、主イエスの奇跡集です。4章の前回までの箇所が、多少文脈にむりがあってもたとえ集であったように、ここから5章にかけて主イエスの神の子としての不思議な業(主イエスが全知全能の神の子であることを受け入れれば矛盾も不思議もありませんが)が描かれます。
 35・36節。なぜ向こう岸へ?5章によると、向こう岸は異邦人の地ですから、異教の地へ向かおうということです。群衆から離れて休息をとるためとか、異邦人伝道のためとか、諸説ありますが、分かりません。ただ、「ほかの船」は、この物語で何の役割も果たしていないので、マルコがこの出来事を採用した古い物語では役割を果たしていたものがマルコの編集によって意味を失ったのかもしれません。37・38節。弟子たちの主要メンバーには漁師だった者たちがいます。船の素人だから怖いのではなくて、専門的な知識をもつ漁師でも怖くなってしまうような嵐の現実があります。船が水浸しになる、このままでは沈没してしまう。慌てふためく弟子たちと対照的な主イエスの姿があります。眠っておられます(継続的動作を表す時制が使われている)。後で風を静めた主イエスに驚く弟子たちの様子が描かれていますから、「主イエスを起こせば何とかしてくれる」と信じたのではなくて、「できることは何でもしよう」と、主イエスを起したのでしょう。39節。これが奇跡の中心ですが、この物語の中心は、その後の主イエスの言葉であり、弟子たちの反応でしょう。「まだ信じないのか」。これまでたくさんの主イエスの言葉を聞き、また癒しを目の当たりにしてきた弟子たちです。しかしまた、「主イエスがおられるから大丈夫」という主イエスへの信頼がありません。この物語は、私達に(めには見えなくても)共におられる主イエスを信頼することへと励ますと共に、それができなくても見捨てないで助けてくださる主イエスがおられることを示し私達を励ましています。

 

2017年5月14日「成長する種、からし種」マルコによる福音書4章26~34節

Download

 今日も、二つのたとえです。この二つはこれまでのたとえと異なり、はっきりと「神の国(支配)のたとえです。そしてこの二つのたとえの後に、4章全体のたとえ集を締めくくるようにして、33・34節があります。
 一つ目の「成長する種」のたとえは、マルコによる福音書で唯一、他の福音書にはないたとえです。26~29節。27節の「夜昼」という表現は、私達にはなじみがありませんが、ユダヤ教の暦では、夜から一日がはじまるので、暦の通りですし、また種蒔きは昼間しますから、その後、夜からはじまります。実際の農業では、様々な作業がありますし、災害などで一年間の努力が水の泡になることもあります。ですが(科学的な知識が増えた現代でも)やはり、「ひとりでに」というのは、説得力のあることですし、ここに強調点があります。自分(たち)の努力で何とかしようとする傲慢に対して、何よりも神の業だということを教えます。更に種蒔きが主イエス独自のものだと捉えれば、私達には収穫だけがあります。また、私達自身が主イエスに倣って種を蒔くならば、「ひとりでに」(すなわち神の業として)豊かな実りが約束されています。これは大きな励ましです。
 更に「からし種」のたとえ(30~32節)は、神の国がはじまりは実に小さくても、大きく成長することを表しています。教会と神の国を直ちに同一視することはできませんが、確かに教会は二千年の間に、はじめは地中海の東の、小さな国の小さな群れでしたが、今では世界中に広がっています。神に愛されていることを自覚し、神と人とを愛して生きようとする群れ、神の支配をまっすぐに受け入れる人々の群れは、これからも成長していきますし、私達は種蒔きを怠るわけにはいきません。

2017年5月7日「持つ人、持たない人」マルコによる福音書4章21~25節

Download

 今日は、ともし火と秤、二つのたとえです。これらもまた、種蒔きのたとえと同じように、様々な意味に読めますから、各自思い巡らしてみてください。ただ一つ、確実と思われるのは、文脈から、神の国(支配)のたとえ、神の国の福音のたとえです。主イエスは、「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい(1章15節)と、語りだしました。またこれは、主イエスがお語りになったことの纏めでもあります。誰も見たことがない神の国をどうしたら伝えることができるか、たとえです。一つ目は、「ともし火」のたとえです。21節。ここは、ギリシャ語では、「持って来る」ではなくて、「来る」です。ともし火が(足でも生えて勝手に)来ることはないのでこう訳したのでしょう。神の国の福音は、私達を照らすまことの光です。それを升や寝台の下に置く者はいない。燭台の上に置く。当たり前のことでありながら、私達の現実は、私達の弱さから、ともし火を隠してしまってはいないでしょうか。でも励まされます。22節。私達が隠してしまうとしても、必ずあらわに・公になります。聖霊が働きます。ただ一つのことだけを私達は求められています。23節。まっすぐに素直に聞き続けること、そこから全てがはじまります。更に、勧められます、24節前半。聞いている中身に注目し、思い巡らすことです。それを励ますように、24節後半。説教を聞くときにも、誰でも、自分の物差し・秤で判断しています。より大きな秤(それもまた神の恵みですが)で量ればより多く与えられます。しかも、自分の秤の小ささを越えて、更に多く神は与えて下さいます。25節は、経済学の世界でも言われることで、この原則を覆して平等実現のために政治があります。信仰に関しては確かにこの通りです。僅かでも信じる心・神の国への感受性があれば、ますます与えられて豊かな神の恵みを生きますが、全くない者は、神の恵みが分かりません。

2017年4月30日「御言葉が蒔かれて」マルコによる福音書4章13~20節

Download

 前回から、この福音書の、最初のたとえ話集がはじまりましたが、今日の箇所は、主イエスご自身によるたとえの説明です(尤も実際は、後の教会による解釈と推測されますが、私達は「事実主義」に立つ福音派ではないので、この記事もまた正典にあるので大切であること、9節までのたとえが今日の箇所に束縛されないで様々に読むことができることをわきまえておきましょう)。

 13節は、物分かりの悪い弟子たちへの叱責の言葉です。この言葉が語られた当時の弟子たち、また私達に対しても、主イエスが語られたたとえをきちんと受け止めなさいということでしょう。14節は、種=御言葉。15節から19節(今日の箇所の大部分)は、種を蒔いても、うまくいかない現実です。様々な理由で実らない現実もあります。しかしそこまでの文章をひっくり返すようにして、神の国・神の言葉の豊かな実りの現実が語られます。20節。

 今日の箇所では、三つのことに特に注目します。一つ目は、「聞いて受け入れる」ことです。聞くだけで終わってしまっては、また聞いた直後だけ喜んで受け入れても本当には自分の現実にならないのでは、実りません。聞いて受け入れる、すなわち自分の生き方の基本・根本に神の言葉が位置してはじめて、豊かな実を結びます。二つ目に、種がたとえの中で、神の言葉から神の言葉を聞く私達(…人たち)へと変化している事実です。このことにこそ、神の言葉の不思議な力があります。第三に、この「三十倍、六十倍、百倍」は、私達が常にイメージとして大切にしてよい事柄です。伝道の人数としても、私達の中での信仰の成長としても、神の国の広がりの現実としても、私達はこのイメージに支えられ励まされて、励みましょう。

2017年4月23日「良い土地に」マルコによる福音書4章1~12節

Download

 今日から、この福音書の、最初のたとえ話集がはじまります。最後は、33・34節で締めくくられています。とても有名な「種蒔きのたとえ」ですが、大きな特徴は、13節以下にこのたとえの説明があることです。多くの学者が推論していることは、今日のたとえ自体は、主イエスがお語りになったものだが、13節からの説明は、後の教会の人々の解釈だということです。13節以下の説明のことは、来週にゆずり、今日はこのたとえに集中しましょう。まず、情景を思い浮かべましょう。船上で語られる主イエスと、湖畔で話を聞く群衆。1・2節。様々なことを主イエスは語られましたが、最も大切こととして、マルコ記者は、「種を蒔く」たとえを記します。3~9節。子どもたちにも分かるような、当時の人々の日常に則したたとえです。私達には分かりづらい部分もありますが、当時は種蒔きをしてから耕すのだと聞けば、「なるほど」ということになるでしょう。
 ただ、現実と決定的に異なるのは、その収穫の多さです(諸説あるが、当時の収穫はおおよそ十倍位であった)。若干の失敗(道端、浅い土・石地、茨)などはあるものの、当時の農民の感覚からすれば、大変な収穫です。主イエスはここで、何に関するたとえか、一切語っておられません。だから何のたとえか、様々な読み方が可能であるし、特定しないで、各自思いめぐらしてみて頂いたらよいと思います。
 ただ、「良い土地」について三つのことを述べます。まず第一に、「良い土地」であるか否かは、私達の努力によってどうこうなることではなくて、最初から神がお定めになっておられます。「イエスを主であると告白することは聖霊によらなければできない」。私達の努力ではなく神の恵みです。第二に、それでもなお、私達は、「聞きなさい」(3、9節)と勧められています。そして最後に、三十倍、六十倍、百倍の約束です。

2017年4月16日「あなたがたより先に」マルコによる福音書16章1~8節

Download

 今日は、講解説教をお休みしまして、復活の記事です。しかし新約聖書では、復活をビジュアルに表現した記事は一切ありません。今日の箇所も、はっきりと分かるのは、「空の墓」だけです。しかも、福音書の終わりらしからぬ終わり方です。8節。それですから今日の箇所は、もともとのマルコ福音書の終わりの部分がなくなってしまったのだと考えられてきました(昔の巻物ではこういうことはよくありました)。しかし最近の研究では、マルコはまさにここで終わったのだという意見も強くなってきました。
 1~4節は、女たちが主イエスの墓に行った様子です。5節の若者は、天使(神の使い)でしょう。「驚き」は、神(もしくは神の使い)が顕現した時の当然の反応であり、次の天使の「驚くことはない」もまた、驚く人々への言葉として、聖書に伝統的なものです。6.7節が天使の告知です。「復活なさって」は、「復活させられて」です。石のことも復活自体も全て、神の主権によるものであって、人間の側には、この女たちの様な敬虔や人間的な思いはあっても、何も起してはいません。神こそがなさいます。6節では、復活が宣言され、7節ではペトロたちに伝えるべきことが告げられます。ここでの一つの大切なポイントは、「あなたがたより先に」ではないでしょうか。私達は、キリスト者として、主の宣教をゆだねられています。様々に努力いたします、主の委託に応えようとして。しかし常に大切なことは、「主が私達よりも先に」です。私達は、先頭に立って先立ち行かれる主イエスの後に従っていくだけです。
 今日の中途半端な終わりは、私達自身が、この復活の墓に立ち会って、「それではあなたがたはこれからどうするのか」と問われています。復活の出来事、神の力が死をも乗り越える現実は、「恐ろしい」ことです。しかし、主が先立ち行かれるのですから、恐れを越えて主に従いましょう。

2017年4月9日「主イエスの家族になる」マルコによる福音書3章31~35節

Download

 今日の聖書箇所は、21節と共に、ベルゼブル論争を挟み込んでサンドイッチの構造になっています。21節と31節。21節の「身内の人たち」は意味の幅の広い言葉で、31節は必ずしも否定的な意味に読む必要はありません。しかし合わせて読むと、主イエスを呼んだ(自分たちから主イエスの所に来ないで)意味がよく分かります。気が変になってしまったらしい主イエスを取り押さえにきました。
 32節からは、一繋がりです。まず32節。主イエスの周りに大勢の人が座っていました。そこへ、主の家族の人たちが来たと主イエスに告げられます。主イエスは答えます。33~35節。主イエスの語っておられることは明白です。血のつながった家族が家族なのではない。主イエスがそうであられるように、神の御心を行う人が、主イエスの家族なのだ。しかしそれでは、「神の御心を行う」とは、どういうことでしょうか。山上の説教(マタイ福音書)でも、このことが強調されています(7章21節)。様々に捉えることができますが、この箇所から分かることは、主イエスの傍にいて、主イエスの話に熱心に聞き入っていることです。主イエスは、その場にいる人々こそ、主イエスの母、兄弟と語ります。その場にいる人々は、何か特別な良いことをしていたのではありません。ただ、主イエスが語り、人々は聴いています。(マルタとマリア、参照)。今日、棕櫚の主日に当って、私達はただ主の傍におり、そして主の言葉に熱心に耳を傾ける私達でありたいし、主が聖霊によって私達をそのように導いて下さることに感謝しましょう。