読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これまでの説教

日本基督教団幕張教会 早乙女哲自牧師

2017年4月23日「良い土地に」マルコによる福音書4章1~12節

Download

 今日から、この福音書の、最初のたとえ話集がはじまります。最後は、33・34節で締めくくられています。とても有名な「種蒔きのたとえ」ですが、大きな特徴は、13節以下にこのたとえの説明があることです。多くの学者が推論していることは、今日のたとえ自体は、主イエスがお語りになったものだが、13節からの説明は、後の教会の人々の解釈だということです。13節以下の説明のことは、来週にゆずり、今日はこのたとえに集中しましょう。まず、情景を思い浮かべましょう。船上で語られる主イエスと、湖畔で話を聞く群衆。1・2節。様々なことを主イエスは語られましたが、最も大切こととして、マルコ記者は、「種を蒔く」たとえを記します。3~9節。子どもたちにも分かるような、当時の人々の日常に則したたとえです。私達には分かりづらい部分もありますが、当時は種蒔きをしてから耕すのだと聞けば、「なるほど」ということになるでしょう。
 ただ、現実と決定的に異なるのは、その収穫の多さです(諸説あるが、当時の収穫はおおよそ十倍位であった)。若干の失敗(道端、浅い土・石地、茨)などはあるものの、当時の農民の感覚からすれば、大変な収穫です。主イエスはここで、何に関するたとえか、一切語っておられません。だから何のたとえか、様々な読み方が可能であるし、特定しないで、各自思いめぐらしてみて頂いたらよいと思います。
 ただ、「良い土地」について三つのことを述べます。まず第一に、「良い土地」であるか否かは、私達の努力によってどうこうなることではなくて、最初から神がお定めになっておられます。「イエスを主であると告白することは聖霊によらなければできない」。私達の努力ではなく神の恵みです。第二に、それでもなお、私達は、「聞きなさい」(3、9節)と勧められています。そして最後に、三十倍、六十倍、百倍の約束です。

2017年4月16日「あなたがたより先に」マルコによる福音書16章1~8節

Download

 今日は、講解説教をお休みしまして、復活の記事です。しかし新約聖書では、復活をビジュアルに表現した記事は一切ありません。今日の箇所も、はっきりと分かるのは、「空の墓」だけです。しかも、福音書の終わりらしからぬ終わり方です。8節。それですから今日の箇所は、もともとのマルコ福音書の終わりの部分がなくなってしまったのだと考えられてきました(昔の巻物ではこういうことはよくありました)。しかし最近の研究では、マルコはまさにここで終わったのだという意見も強くなってきました。
 1~4節は、女たちが主イエスの墓に行った様子です。5節の若者は、天使(神の使い)でしょう。「驚き」は、神(もしくは神の使い)が顕現した時の当然の反応であり、次の天使の「驚くことはない」もまた、驚く人々への言葉として、聖書に伝統的なものです。6.7節が天使の告知です。「復活なさって」は、「復活させられて」です。石のことも復活自体も全て、神の主権によるものであって、人間の側には、この女たちの様な敬虔や人間的な思いはあっても、何も起してはいません。神こそがなさいます。6節では、復活が宣言され、7節ではペトロたちに伝えるべきことが告げられます。ここでの一つの大切なポイントは、「あなたがたより先に」ではないでしょうか。私達は、キリスト者として、主の宣教をゆだねられています。様々に努力いたします、主の委託に応えようとして。しかし常に大切なことは、「主が私達よりも先に」です。私達は、先頭に立って先立ち行かれる主イエスの後に従っていくだけです。
 今日の中途半端な終わりは、私達自身が、この復活の墓に立ち会って、「それではあなたがたはこれからどうするのか」と問われています。復活の出来事、神の力が死をも乗り越える現実は、「恐ろしい」ことです。しかし、主が先立ち行かれるのですから、恐れを越えて主に従いましょう。

2017年4月9日「主イエスの家族になる」マルコによる福音書3章31~35節

Download

 今日の聖書箇所は、21節と共に、ベルゼブル論争を挟み込んでサンドイッチの構造になっています。21節と31節。21節の「身内の人たち」は意味の幅の広い言葉で、31節は必ずしも否定的な意味に読む必要はありません。しかし合わせて読むと、主イエスを呼んだ(自分たちから主イエスの所に来ないで)意味がよく分かります。気が変になってしまったらしい主イエスを取り押さえにきました。
 32節からは、一繋がりです。まず32節。主イエスの周りに大勢の人が座っていました。そこへ、主の家族の人たちが来たと主イエスに告げられます。主イエスは答えます。33~35節。主イエスの語っておられることは明白です。血のつながった家族が家族なのではない。主イエスがそうであられるように、神の御心を行う人が、主イエスの家族なのだ。しかしそれでは、「神の御心を行う」とは、どういうことでしょうか。山上の説教(マタイ福音書)でも、このことが強調されています(7章21節)。様々に捉えることができますが、この箇所から分かることは、主イエスの傍にいて、主イエスの話に熱心に聞き入っていることです。主イエスは、その場にいる人々こそ、主イエスの母、兄弟と語ります。その場にいる人々は、何か特別な良いことをしていたのではありません。ただ、主イエスが語り、人々は聴いています。(マルタとマリア、参照)。今日、棕櫚の主日に当って、私達はただ主の傍におり、そして主の言葉に熱心に耳を傾ける私達でありたいし、主が聖霊によって私達をそのように導いて下さることに感謝しましょう。

2017年4月2日「許されない罪」マルコによる福音書3章20~30節

Download

 今日の聖書箇所は、聖書に時々出てくるサンドイッチの構造をしているので、あるいは、次回の箇所と共に読む方がよいのかもしれません。しかしそれぞれに大切なメッセージがありますので、今回は分けてみました。最初の節で大まかな舞台設定です。20節。次の21節は31節以下と繋がり、その間にベルゼブル論争があります。22節は、エルサレムからわざわざやってきた律法学者たちですから、主イエスの評判が広まって(良くも悪くも)、当局の関心事になっていたことが分かります。しかし問題は彼らの判断です。神の子の力で(悪霊に取りつかれた人々への共感から)悪霊を追い出しているのに、「悪霊の頭の力で」追い出しているといいます。彼らは、実際に主イエスのなさっていることをみて、事実は否定できないけれども、否定的な解釈・判断で、主イエスの現実を退けようとしています。だから主イエスは、たとえを用いて語られます(このたとえがマルコ福音書で最初のたとえです)。23~27節。内輪もめではたちいかない。当然のことです。そして主イエスは、「アーメン」と大切なことを語ります。28.29節。30節はこの段落全体を主イエスが語られた理由を改めて確認しています。
 二千年の教会の歴史の中で、この「赦されない罪」の問題は、様々な形で繰り返し取り上げられてきました。その歴史を概観する暇はありませんが、「こういう罪は赦されないのだ」という一覧表を作る人々までいました。しかし私達はそのような愚かなことはしないことにしましょう。ここで大切なことは、28節です。「どんな冒涜の言葉も、すべて赦される」。「私は赦されない罪を犯したのではないか」と心配するとしたら、それは「聖霊を冒涜する」罪を犯していません。この罪は、決して救い主・その許しを受け入れない罪なのですから。私達は罪赦された罪人として、赦されない罪から解き放たれていることを喜んで生きましょう。

2017年3月26日「十二使徒の任命」マルコによる福音書3章13~19節

Download

 今日の聖書箇所は、マタイやルカにもあります。マタイではもっと簡潔な記事になっています。ルカでは、事前の祈りが強調されています。マルコの特徴は、十二人を選んだ目的が最も丁寧に描かれていることです。14節後半から15節。三つのことが書かれています。なかでもまず大切なのは、「彼らを自分のそばに置くため」です。これは、訓練と派遣との循環として捉える読み方もできます。しかしやはり、たとえ派遣している間もまた、(物理的ではなく)主イエスが共におられる、主イエスのそばに自分たちは置かれているという自覚が大切です。二つ目は、「派遣して宣教」です。そして三つ目は「悪霊を追い出す」こと。宣教と悪霊の追い出しは、当時は二つにして一つのことでした。まだ新約聖書が成立する以前、教会が形を整える以前には、単に「言葉」として福音を語るだけでは伝わらないので、悪霊を追い出す権能が必要でした。しかし今は、福音を受け入れることの素晴らしさが明らかになっており、また、癒しの業が大変な誤解を生むことから、状況は変わりました。
 まず、主イエスは山に登ります(もっとも丘と訳した方が良いのかもしれません)。13節、14節前半。ポイントは、「これと思う人々」の意味です。選ばれた人々に特別な才能や力を主イエスがみたということでしょうか。そうではありません。16節以下の一覧をみますと、実に様々な人々が選ばれているのであって、選ばれる側に理由があるからではなくて、ただ主がお選びになったのです(コリント一1章26節以下参照)。そしてその者たちの最後には、イスカリオテのユダがいます。19節。マタイ28章17節も参考にして下さい。教会という私達信じる者の群れは、その最初から躓きや疑いのある弱い人間の群れです。ただ主イエスが選んだゆえに、私達は主イエスと共におり、主イエスに派遣されてこの世界に出て行くのです。

 

2017年3月19日「イエスに触れる」マルコによる福音書3章7~12節

Download

 今日の箇所は、前回までの箇所と次回からの箇所を繋ぐ部分です。前回は、主イエスを殺そうとする計画で終わっていました。今回の湖畔での出来事の後、主イエスは十二使徒の任命をなさり、十二使徒の派遣(6章6節~)までが一纏まりです。今日の箇所でまず主イエスは弟子たちと共に湖の方へと立ち去られます。会堂には不穏な空気が漂っており、また「家」で治癒の業や福音を語るには、人が多すぎたからでしょう。7・8節。ガリラヤばかりではなくて、多くの地域から人々が集まっています。主イエスは伝道の成功を喜ぶのでもなく、また人々を厭うのでもなく、弟子たちに依頼します。9節。実際に船に乗る場面は4章までありません。この箇所でどうであったかは分かりません。ただ、なぜ押しつぶさんばかりに群衆が集まってきたかは、描きます。10節。この箇所では、主イエスの新しい教えを聴くことよりも、とにかく病気を直してほしいということが集まってくる動機になっています。弟子たちの無理解と共に、群衆もまたまだ、大切な救いのことは分かっていませんし、十字架と復活の出来事までは、まだ、その時は来ていません。だから、主イエスは汚れた霊どもに、沈黙を命じます。11・12節。
 この箇所から三つのことを学びましょう。まず第一に、(本当には)分かっていなくても、触れようとすることの大切さです。群衆と汚れた霊どもの対比。第二に、「神の子」という正しい認識・告白が、直ちに救いではないこと。汚れた霊どもの言葉・叫びは、全く正しい。しかし、この「神の子」に従うのではなく、ただ正しい認識だけです。以前と異なり、主イエスの圧倒的な力の前に、汚れた霊どもはひれ伏すしかありません。しかし従いはしません。そして第三に既に何回かみてまいりました、沈黙命令・メシアの秘密のモティーフです。私達は、「正しい認識」(時にはそれはとても大切なことですが)よりも、まっすぐに主イエスについていく、主イエスに触れようとする生きた信仰を大事にしましょう。

2017年3月12日「主の怒りと悲しみ」マルコによる福音書3章1~6節

Download

 前回に続き、今回の話題も安息日です。そして今日の箇所、主イエスを殺す相談で、マルコ福音書の第一部は終わります。前回の麦の穂を摘むのと比べて、今日の方が「いやし」であり、会堂での出来事ですから、更に深刻です。今日の箇所は、主イエスの怒りと悲しみがはっきりと描かれている珍しい箇所です。5節。片手の萎えた人をいやす時に、主イエスには怒りと悲しみがあります。そもそも「人々」は、主イエスを訴えよう、陥れようという意図で注目しています。1・2節。片手の萎えた人(人間という言葉です)に対する、憐れみも同情も共感もありません。主イエスはこの人に注目を集めた上で、大切なことを問います。3・4節。主イエスの問いは厳しい。善か悪か、命(魂)を救うか殺すか。二つに一つであって、中途半端な「中間」はありません。確かに私達の生きる世界には、白か黒かではなくて灰色の部分があります。これが分からなくて常に「あれかこれか」では、様々なことを見落とし切り捨てることになってしまう。しかし信仰の決断においては、(ヨハネ福音書がそのことを強調しているように)二者択一であって、中間や傍観はありません。主イエスの問いに答える者は誰もいませんでした。「彼らは黙っていた。」だから主イエスは、怒ります。律法遵守を全てに優先する「かたくなな心」をみて、悲しみます。主イエスを十字架にかけて殺したのは、まさにこのような私達人間の「かたくなな心」です。この箇所でも、6節。普段は、全く意見の合わない・相容れない人々が主イエスを殺すために相談をはじめます。私達の「かたくなな心」こそが、主イエスの怒りと悲しみをうみ、主イエスを殺します。その私達の「かたくなな心」を柔らかくほぐすために、思いを神に向け、隣人に向けることができるように、主イエスがして下さったことを私達は受難節に当って思い巡らしましょう。