これまでの説教

日本基督教団幕張教会 早乙女哲自牧師

2018年6月17日「ゲツセマネの祈り」(マルコによる福音書14章32~42節)

Download

 前回は、オリーブ山へ向かう途中のできごとでした。今日はゲツセマネに着いて、とても有名なゲツセマネの祈りです。この祈りは、私たちの祈りの模範と言われますが、時々みかけるのは、「諦めの祈り」として捉えてしまう過ちです。そうではなくて、主イエスはここで、ヤボクの渡しでのヤコブの戦い(創世記37章23節以下)のように、戦っています。死という、神から切り離される現実、しかも木に架けられて殺される(イスラエルの考え方では最も呪われた)死です。主イエスは演劇の役者のように、神が台本を書いて演出する舞台を演じているのではありません。本当に苦しみ、本当に死にます。だから何とか避けたいのです。26節。全知全能の神に祈ります。しかしそのような自分の願いよりも、主イエスは「御心」を優先して祈ります。「御心」は、最初から諦めて祈る、諦めの祈りの入り口ではありません。私たちの祈りの戦いの最後にあるものです。
 そして第二に、主イエスは、私たちと同じように弱さを負われましたが、罪を犯されなかったので、ここには、主イエスの恐れ・苦しみ・悲しみがありますが、それは罪ではありません。33節後半~35節。生真面目な方は、それらの感情の動きを、神に全幅の信頼を寄せていないから起こるものであって、罪だと捉えます。確かにそういう面もあるでしょう。しかし必ず罪だということではありません。人間の自然な感情としてそういうものはあります。ただ大切なことは、三位一体の神と共にあること、そしてこの神に信頼を寄せることです。主イエスは、この神への信頼があります。だから、41節。自分の使命、飲まなければならない杯を--真剣な祈りの後に--受け入れます。私たちはここで眠ってしまった弟子たちと同じように、祈ることも神に信頼しきることもできません。しかしそんな私たちのために主イエスが十字架を担って下さったので、私たちもまた新しい神との関係へと(それゆえこの世界との新しい関係へと)招かれています。

2018年6月10日「つまずきと死を越えて」(マルコによる福音書14章27~31節)

 Download

 前回、主イエスと十二人の弟子たちは、最後の晩餐の後、賛美の歌を歌ってから、オリーブ山に向かいました。次回はゲツセマネに着きますから、今日の聖書箇所は、その道の途中です。主イエスは(旧約)聖書に基づいて(ゼカリヤ13章7節)、弟子たちが皆つまずくことを予告します。27節。しかし主イエスの言葉はこれで終わりません。28節。ここには、慰めと励ましがあります。すぐにペトロが応えます。29節。ここにペトロの罪が既に現れています。「たとえみんなが…」。この発言には、他の十一人の弟子たちがどうであれ、自分は大丈夫だという自信が溢れています。いやもしかすると、前回の箇所から分かるように、自信がないからこそ、自分にも言い聞かせるようにして、語ったのかもしれません。このペトロの言葉を受けて、主イエスは更に丁寧に具体的に、ぺトロのことを語ります。30節。この章の最後に起こる現実を予言します。ペトロは更に言い張ります。31節前半。そしてこの「自分は大丈夫、死んでも付いていく」という傲慢の罪が、一番弟子のペトロだけのものではなくて、弟子たちに共通する罪であることが示されてこの箇所は終わります。31節後半。
 ここから今日、私たちは特に三つのことを聴きましょう。まず第一に、主イエスの気持ちです。もうすぐ殺されることが分かっています。しかもその時に今まで生活を共にして、共に旅から旅の生活をしてきた全ての弟子たちに見捨てられることもここで予告しましたように分かっておられます。ここにどれほどの孤独と悲しさ、そして絶望があることでしょうか。しかし第二に、主イエスは宣言なさいます。28節。弟子たちが主イエスを見捨てても、主イエスは弟子たちを見捨てないで、先にガリラヤへ行くと約束して下さいます。そして第三に、最後に、弟子たち・私たちの信仰の根拠がどこにあるのかということです。もしも私たちが自分の信仰の根拠を自分自身に置くならば、この弟子たちのようにそこにあるのは挫折です。主イエスが「先に」と約束して下さる。ここにこそ、弟子たち・私たちの信仰の根拠、つまずきと死を越えて成り立つ信仰があります。

2018年6月3日「契約の血」(マルコによる福音書14章22節~26節)

Download

 前回の聖書箇所では、最後の晩餐(それはまた最初の晩餐です)の席に、十三人の人々がいました。主イエスと十二人の弟子たちです。そこに裏切ったユダもいたことに私達は注目しました。主イエスの十字架は、蜘蛛の子を散らすように逃げた弟子たちばかりではなくて、ユダのためでもあるのだと捉えることができます。
 今日の箇所は、主の晩餐の制定です。22・23節。普通パンを裂くのは、前菜を別として食事の最初になされますが、マルコ福音書記者の記述では、食事の途中、あるいは最後の出来事です。私達の聖餐式とは異なり、主イエスがパンを裂いておられ、同じ杯から飲んでいます。今日特に注目したいのは、皆が杯から飲んだ後の主イエスの言葉です。24・25節。25節は、まずいつもの「はっきり言っておく(アーメン)」(主イエスが大事なことを語るときの決まり文句)と仰っています。「神の国で新たに飲むその日」がいつか、三つの読み方があります。一つ目は、復活の主イエスです。二つ目は、教会が誕生して聖餐を行うときです。三つ目は、再臨の後、新しい天と新しい地の与えられる時、神の国・天国が来る時です。どれも真実でしょう。
 更に、今日特に注目したいのは、主イエスが「多くの人のために流されるわたしの血」だけではなくて、それを「契約の血」と語っておられることです。「契約の血」と聞いて、皆さんはどんなことを思い浮かべるでしょうか。ドラマ・映画・小説など、物語の世界では、自分の手などを切って血を流し、その血で書いたりします(私は実際にそういう場面に遭遇したことはありません)。しかし旧約聖書の伝統には、動物の血を契約に用いることが普通で、そこには、「もしも私が契約を破るならば、私がこの動物のように引き裂かれてもかまわない」という意味が込められていました。洗礼を受けてキリスト者になるということは、このような主イエスとの契約、主イエスの血によって与えられた契約を生きる者にして頂くということです。

2015年5月27日「裏切る者も共に」(マルコによる福音書14章10~21節)

Download

 前回(先々週)の聖書箇所は、1・2節に殺害の計画があり、3節からナルドの香油でした。今日の箇所最初の10・11節は1・2節と共にその間の記事を挟み込むサンドイッチ構造です。主イエスを殺そうとする人間の企みに挟まれて、ナルドの香油の出来事・行為を際立たせています。今日の箇所から最後の晩餐、主の晩餐の出来事です。まず、聖餐を制定なさる前に、主イエスは裏切りを予告します。
 12~16節。11章の最初のエルサレム入城にも似た記事ですが、やはり、主イエスは神の子だからその特別な力で分かっていたと読むことも、前もって約束していたと読むこともできます。17節は、この過越の食事が、主イエスと十二人の弟子たちだということを示します。18節からいよいよ、裏切りの予告です。18~21節。このことについて、今日は三つのことだけを申し上げましょう。まず第一に、ユダが裏切った理由は分かりません。マタイでは、お金のため、ルカでは「サタンが入った」と表現されていますが、マルコでは分かりません。様々な推測(例えばユダは、この世的なメシアを望んでいてそれを明らかにさせるためにやったなど)もありますが、分かりません。第二に、他の弟子たちのことです。心を痛め、代わる代わるに言います(19節)が、そこにあるのは、「もしかすると私が…」という不安(ぺトロの傲慢(29節以下)とは真逆の、しかし同じ弱さがここにあります)です。そして事実この弟子たちは主イエスが逮捕される時には、主イエスを見捨てて逃げてしまいます(50節)。第三に、ユダの救いについて。主イエスは、21節にありますように、大変厳しいことを仰います。しかし主イエスはこのユダのためにも、十字架にかかって死んで下さったのではないでしょうか。教会(私達主イエスの弟子たちの群れ)は、裏切る者も弱さの中にある者も切り捨てることはしません。主イエスが中心となる十二人の中にユダを選んだように。そしてその者のためにも、主イエスは死んで下さったのです。

2018年5月20日「イエスは主」(コリントの信徒への手紙一12章1~11節)

Download

 今日は講解説教をお休みして、聖霊に関する聖書箇所です。実はこのコリントの信徒への手紙の箇所は、14章まで続きます。しかしその文章の流れ・文脈を丁寧に扱うのは、いつかこのコリントの信徒への手紙を講解説教する時に致しまして、今日は聖霊ということに集中しましょう。4節以下には、聖霊によって与えられる様々な賜物について書かれています。4~11節。聖霊が、様々な賜物を自由に一人一人に分け与えます(だからその賜物を与えられた人の手柄や誇りになるはずはありません)。そして7節。「一人は皆のために、皆は一人のために」というスローガンが流行ったこともありましたが、それと似ています。同じ神がすべてのことをなさいます(6節)。それを教会は具体的に、聖霊によって与えられた賜物を用いて、この世界で実現していきます。
 その時に知っておくべき大切なことが3節にあります。私が出身教会でまだ信徒として教会生活を送っておりました頃、一つの疑問がありました。それは、教会で牧師の口から聖霊について語られることが実に少ないことでした。だからなぜなのか、率直に牧師に尋ねました。その時に示されたのが、この3節後半です。聖霊によらなければ、だれも「イエスは主である」とは言えない。ここにこそ、聖霊について知っておかなければならない要点があります。もしも「イエスは主である」と告白して、教会に連なるならば、その人は(本人の自覚の有無に関係なく)聖霊の働きを受けています。イエスは主であるという告白は、最も基本的で単純な信仰告白です。しかしこの告白にこそ、私達全てのキリスト者の一致・協力の根拠があります。相手もまた自分と同じように聖霊の働きによると信頼できるからです。今日、教会のお誕生日である聖霊降臨日には、聖霊とは何か、聖霊の働きは何か、思い巡らしてみましょう。

2018年5月13日「良いことをしてくれた」(マルコによる福音書14章1~9節)

Download 

 今日の箇所から、受難物語です。まずマルコ福音書記者は、主イエス殺害の計略から描きます。そして次回(再来週)の最初の箇所で、ユダの裏切りの企てがあります。マルコがよく用いるサンドイッチ構造です。ユダヤの宗教権力者たちと主イエスの弟子の一人が共に人間的な「死の企み」を練る中で、たった一人の女性の行為が描かれます。最後、9節。主イエスが仰ったように、二千年の間、この人のしたことは記念として語り伝えられてきました。今日の礼拝もまた、その一つでしょう。ここ、幕張教会では何よりも大切なこととして福音が宣べ伝えられています。だからここでも、この女のしたことは語り伝えられます。
 まず出来事は3節に描かれています。3節。他の福音書と異なり、マルコはこの女が誰であるのか、どんな素性の女であるのか、一切描きません。またなぜこの女がこんなことをしたのか、女の動機も書きません。ただ、事実を淡々と書きます。恐らく男たちだけの食事の席(女性は給仕するのみ)に急に女が入ってきて何かをするだけでも、当時としてかなり変わった目立つ行為です。しかもとても高価なナルドの香油を惜しげもなく主イエスの頭に注ぎかける。周りの人々(福音書によっては、弟子あるいは、イスカリオテのユダ)は憤慨し厳しくとがめます。4・5節。当時の日雇い労働者の一年分の給与に当たる額です。そこからこの女は、身分の高いお金持ちの女性なのだとか、売春婦をしていてお金があったのだなどという推測もありますが、分かりません。
 これに対して主イエスは仰います。6~9節。主イエスは、「良いことをしてくれた」と評価します。これは「美しいこと」という言葉です。この女も含めて(主イエス以外は)誰もまだ、これから起こる十字架の死を知らない中で、埋葬の準備がなされた。私達は、「そこにいた人の何人か」になってしまいがちなのではないでしょうか。そうではなくて、この女のように、「今自分が主イエスのためにできることは何か」を思い行う信仰でありたいものです。

2018年5月6日「目を覚ましていなさい」(マルコによる福音書13章32~37節)

Download

 13章全体で一塊(小黙示録と呼ばれる)で、幾つかに分けて読んできましたが、それも今日で終わりです。主イエスは最後に何を仰るのでしょうか。33、35、37節で、主イエスは、「目を覚ましていなさい」と仰います。この短い中で、三回も繰り返します。今まで気をつけていなさいということを繰り返しましたが、主イエスは最後に、「気をつけて、目を覚ましていなさい」と仰います。32・33節。天使たちはまだしも、主イエスは子なる神なのだから、「知らない」は違うのではないかと言われることがあります。しかしたとえ神であっても、この地上に人間として生きる時には、何もかも分かる全知全能の神、父なる神と異なるのは、当然のことでしょう。
 そして34節からは、この終末・再臨の出来事を、旅に出た主人の帰宅に例えます。34節。主イエスは、私達に仕事を割り当てて責任を持たせて昇天なさいました。終末・再臨を待ち続けることはとても大切なことですが、ただぼーっと待っていればよいのではありません。それぞれに果たすべき務め・責任があります。「待ちつつ、急ぎつつ」(バルトの尊敬するブルームハルトの言葉)です。その務めは人によって様々であって、自分の務めが何であるかは、祈りの内に尋ね求めで教えて頂くべきことです。これは大きな慰めであり、励ましです。誰一人として、不要な意味のない人などいないのですから。
 35・36節。「どうせまだ主人は帰って来ないさ」と眠り惚けている場合ではありません。いつ帰って来てもいいように(いつ終末・再臨が来てもいいように)私達は目を覚ましていることが、何よりもまず、求められています。しかも、37節。この時に主イエスの言葉を聞いていた四人だけではなくて、すべての人への言葉だと最後に主イエスは念を押します。さあ、目を覚ましていましょう。